ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年04月の記事一覧
≪04month
This 2006.04 Month All
05month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
離任式 
2006.04.28.Fri / 16:09 
「監査さんも出られそうだったら出てくださいね」と言われ、お世話になった先生がよその小学校に出られちゃったことだし、と、初めて、小学校の離任式というものに出ました。

要は、転出された先生や主事さんが、在校生にお別れの挨拶に来る、というものなのですが、体育館のステージに上がっている先生たちに、子どもたちの代表がお別れの挨拶をして、みんなが書いたお手紙集と花束を渡して、先生からもみんなにメッセージを伝える、というのをやっているうちに、先生が涙ぐんじゃったり、つられて泣き出しちゃう子もいたりして、もらい泣きしそうになってしまいました(^_^;)(このところ、涙腺が弱くていけません)
最後は、子どもたちの間を先生たちがぐるぐると通って行って退場、となったのですが、6年生はアーチを作ってたりなんかして、やっぱやることが違うなぁ、なんて。

ラフな格好じゃダメだしなぁ~と、出ないでおこうかと思った式でしたが、行って良かったと思いました。

でも、離任式でもらい泣きしているようじゃ、卒業式は号泣だな、自分(^_^;)

クラスの卒対(卒業対策委員)はやらないのですが、サッカークラブの方でも謝恩会があって、コーチたちにプレゼントを渡すそうで、なにやらはりきってしまいそうになっている自分でした(笑)
ビデオ編集を勉強して、ビデオメッセージをDVDに焼いて渡せたら良いなぁとか、ね。

-----

明日から、GWに突入しますね。
行ったり来たりで(明日は名古屋だぎゃ~)、あんまりパソコンを開けないと思うのですが、みなさん楽しいGWをお過ごしください♪
スポンサーサイト
* テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児 *
引っ越ししてもうすぐ1ヶ月 
2006.04.28.Fri / 13:14 
楽天ブログから引っ越して来て1ヶ月になろうとしていますが、
やっぱりどこのブログでも、アフィリエイトやアクセス稼ぎのために回ってる人っているんだなぁと思いました(^_^;)
変なトラックバックやコメントは来てないのが幸いです。
トラックバックは承認制にしているのですが、いまのところ来てません。
楽天から移った大きな理由の1つが、トラックバックスパムに耐えられなかったことですから、これはよかったです。

楽天で仲良くしていただいた方達が、引き続きおつきあいくださるのはありがたいなぁ~と思います。(ありがとうございます
楽天では、楽天ユーザー外のURLは記事にリンクできないので、みなさんブックマークして来てくださってるんだなぁと思うと、ありがたいです♪

こっちに来て思ったのは、ユーザー間の行き来は楽天の方が盛んだったかなぁということです。あっちの方は、通りすがりでコメントしてくれる人もけっこう多かったけど、こっちでは、まだお一人しかいないです(その方はヤプログだったりするし)

FC2を奨めてくれたお友だちが、「アクセスは多いけど、コメント残してくれる人はあまりいない」と言っていたので、そんなもんなのかなぁ?

今ある交流を大切にして行きます、ハイ。
* テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ *
「ミリオンズ」のDVDが出ます♪ 
2006.04.27.Thu / 10:35 
ミリオンズ


去年の11月に映画館で観て以来、ずっとDVD化を待っていた作品でして、配給元にメールまでしてしまって(^_^;)、6月頃と教えてもらったのですが、最近、Amazonで予約受け付けが始まっていました♪

公式サイトは、こちらです。

ある日 空からお金が降ってきた

12日後にポンド紙幣が紙クズと化す英国。
8歳のダミアンは、強盗一味が盗んだポンドの大金を見つけたことから
騒動に巻き込まれてしまう。

ダニー・ボイル監督作品



これは、近い将来に来るであろう、イギリスが「ユーロ」に加盟する前の12日間のお話です。(そんな日、ホントに来るんだろうか・・・?)
余談ですが、うちに20ポンド紙幣が1枚残ってるんだけど、早く交換しておかないと、そのうち紙クズになってしまうわね(汗)

主人公ダミアンは、ものすごく信心深くて、尊敬する人は?と聞かれて聖人の名前をあげちゃうような男の子なので、拾ったお金は貧しい人にあげたい、と言います。
ダミアンの2つ上の兄アンソニーは、実利主義者なので、ガッチリ使うことや、ガッチリ増やすことを考えています。
(当然、「兄貴の権力」で、ダミアンのいいようには使えないんですが)
この対比がとってもおもしろい。

実はこの2人、何年か前にママが亡くなっていて、パパの男手ひとつで育てられ、ずっと「天国のママに会いたい」と思っているのです。
クールなアンソニーは、そんなそぶりは見せないんだけれど、パパが女の人を家に連れて来たら、敵意をむき出しにしちゃったりして、かわいいのです。

お金に振り回される大人や子どもの中で、ダミアンだけは、「貧しい人にあげる」ことだけを考え続けてる。
今どき、こんなイノセントな子の存在は、ファンタジー以外の何ものでもないのかもしれないけれど、ダミアンのひたむきさを見ていたら、人間の善意を信じることから奇跡は起こるんじゃないかなぁ?なんて思ってしまいました。

ダニー・ボイル監督が、「自分の子どもに観せたい」と思って撮ったというのも納得できる作品でした。

舞台は、クリスマス前のイギリス北部の新興住宅地?なんですが、街の映像がものすごくキレイなんですよ~!(家々の後ろにうっすらと浮かぶ原発の影が不気味だったけど)

そうそう、音楽もすごく良かったんですよ~。

それと、イギリス人のサッカーLOVEな気持ちが、いろんなとこに見え隠れしてました(^_^)

子ども達が先生に「尊敬する人は誰?」と聞かれて、ご当地マンチェスター・ユナイテッドの選手の名前を挙げて行くんだけれど、それ以外のチームの選手の名前を言ったら、ブーイングが来たり、ドロボーさんがニューカッスルのユニフォームを着ていたり・・・
(このあたりのおもしろさかげんは、私にはわからなかったんですが。)
サッカーファンが観ても楽しめると思いました♪


* テーマ:DVD情報 - ジャンル:映画 *
作家と編集者みたいな・・・ 
2006.04.26.Wed / 23:53 
長男が国語の授業で、なにか物語を書かないといけなくなったそうで、一昨日から、うんうんうなっています。(なんせ、「作文」と聞いただけで、青くなっちゃうようなやつなので(^_^;))

初期設定はなんとかできたものの、その先、行き詰まってくると、やはり、母に聞いて来るわけです。
「お母さんならどうする?」って。

(ちなみに、仲良し3人組が一緒にTVゲームをやっていたら、ゲームの世界に吸い込まれてしまい、どうやって現実世界に戻るか、という話だそうです。どっかで聞いたような・・・(^_^;) でも、先生が「パクっても良い」と言ってくださったそうなので)

締め切り間際でカンヅメ状態の作家に、編集者がアドヴァイスをすべく、いろいろ考えてあげるのですが、気に入らないと乗って来ないんだな~。お母さんの言ったことをまるまる写せちゃうほど、自尊心がないわけではないようで(^_^;)
自分はお話しを考えるのは嫌いではないので、まぁいろいろとアイディアは浮かんで来るわけですが、そういうのが苦手なお母さんだったら、とっくにキレてるでしょうねえ(^_^;)

というか、これ以上「作文嫌い」にならないで「書くことの楽しみ」を知ってほしいと、必死だったりする自分でした(^_^;)

なんとかプロットは書きあがり、ひとあんしんでございます。
あとは、学校で、がんばって話をふくらましてください。
* テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児 *
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」 
2006.04.26.Wed / 13:36 
昨日に続いて今日も映画を観に行ってしまいました(^_^;)(だってレディスデーなんだもん)

やっと観に行けた「ウォレスとグルミット」、めちゃんこおもしろくて、大満足のできでした(^_^) クレイアニメでここまでやっちゃうなんて、すごすぎ!!です。(あの指紋はわざと残してるんですってね)

ウォレスのへんてこ発明はナイスだし、
グルミットはあいかわらずクールでかっこいいし、
ブタ鼻がちょっと・・・と思っていたウサギちゃんは、動いているのを観たら文句なしにかわいかったです。

「イギリスです」って感じの画面が、イギリス好きにはうれしかったし。
(あの茶色の陶器でできたティーポットは、イギリスの家庭で広く一般的に使われてるものだと、紅茶の本で見たことがあります(^_^))

「ウォレスとグルミット」シリーズは、ビデオの吹き替え版(欽ちゃんのやつね)でしか観たことがなかったので、今回、初めてオリジナル版で観て、ウォレスはこんな声(レイフ・ファインズ)だったんだ~と感慨深いものがありました(ちとおおげさか)

今年のアカデミー賞で、ティム・バートン監督の「コープス・ブライド」と競っていましたが、ホラーっぽいところとか、教会と司祭が出て来るところとか、ヒロインの声がヘレナ・ボナム=カーターだったりとか、悪役キャラがなんとなく似てるとか(しかも「コープス・ブライド」の主人公と名前が一緒だったりするし)、偶然なんでしょうけれど、かぶってるところがあって、年度が違えば、「コープス・ブライド」も賞を取れてたのかもしれないのになぁ(残念!)、なんて思ってしまいました。

お子達にはナイショで観に行ってしまったけれど、DVDが出たら観せてあげたいなぁと思いました。

公式サイトはこちらです。

-----

これからやる映画ですが、

イライジャ・ウッド主演、「僕の大事なコレクション」(舞台がウクライナだそうですよ)

「マーサの幸せレシピ」のサンドラ・ネットルベック監督最新作、「サージェント・ペッパー ぼくの友だち」

メタル魂を呼び醒ませ! 「メタル ヘッドバンガーズ・ジャーニー」

なんて、おもしろそう。

以前から楽しみにしていた「陽気なギャングが地球を回す」ですが、詳細が明るみになるにつれて、ちょっと不安になって来ました(^_^;) 加藤ローサが響野の奥さんってどうなの??

原作は文句なしに面白いです!
 ↓


漫画化までされてるみたい(^_^;)
「バイバイ、ママ」 
2006.04.25.Tue / 15:25 
バイバイママ


前のブログで話題にしたことがある、ケヴィン・ベーコン初監督作品です。

子離れできない母親の話なんだけど、怖かったですよ~。
描き方によっては重苦しくなってしまうところを、コミカルに、美しい映像で仕上げているところが監督の持ち味なのかなぁ?と思いました。

主人公エミリーを、ケヴィンの奥さんのキラ・セジウィックが演じ、子ども時代のエミリーはケヴィンの娘ソジー、イカレタちょっと風変わりな夫婦をケヴィン本人とマリサ・トメイ、近所の男の子にケヴィンの息子トラヴィス、あとケヴィンの愛犬まで登場していて、音楽は、ケヴィンの実兄のマイケル・ベーコンと、ファミリー総出で熱の入った作品となったようです。サンドラ・ブロックとマット・ディロンも重要な役で出ているのですが、ふだんから交流があって、「ケヴィンの初監督作品なら手伝わせて」みたいな感じで出てるような気がしました。

原題の"Loverboy"ことポール役のドミニク・スコット・ケイが、まぁほんとに愛くるしくて、母親が溺愛したくなるのも納得!

この母子の行く末はどうなるのか?ハラハラしながら観てましたが、やっぱりィ~みたいなオチで、でもその後があって、よかったね~、とさわやかな気持ちで映画館を後にすることができました。(もごもごもご)

それにしても、エミリーの両親役は強烈だったなぁ~~(^_^;)
あんな親だったら、娘がこうなるのもわかるって感じかも。

公式サイトはこちらです。

それにしても、私が行く時間帯はいつもほとんど人が入っていない(今日は4人)、シアター・イメージフォーラム、ひとごとながら心配になってしまいます(^_^;)(オーナーがほとんど趣味でやってるという話も聞いたことがあります)


* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
いぬ占い 
2006.04.25.Tue / 10:03 
リンク先のmrtkさんのところで教えていただいたいぬ占いをやってみました。

星座と血液型と出身地と兄弟構成から占います。

私の基本的性格は、セントバーナードとなりました。

あなたはとても几帳面でまじめですが、どこか行動がスローペースでマイペースだと感じさせる人です。自分のまじめさを人に押しつけることをせずに、たんたんと自分を追究します。
だから、人からたいして能力がないように思われていても、いつの間にかすごく成長しているような人です。ゆっくりと着実に自分を伸ばしていきます。人に対して、ライバル意識や競争意識を持つことは少なく、自分がやりとげた成果をみんなで共有するような広い心を持った人です。学校できちんと授業を聞いて、ノートをとり、テスト前になるとノートをとっていない人に、それをこころよく貸してあげるような人なのです。
そんな優しくおだやかなあなたですが、芯は強く「自分に負けちゃいけない」という気持ちをいつも持っている人です。だから自分ががんばれなかったときには、かなり落ち込んだりもします。


あははっ けっこう当ってるかも(^_^;)
学生のときは、宿題やノートを見せてあげたりしてたもんなぁ。←ただのおひとよし?

恋愛傾向は、書かないでおこうっと(^_^;)

みなさんもお試しください。

48タイプもあるので、けっこう楽しめるかと♪
* テーマ:どうでもいいこと - ジャンル:ライフ *
ジョージのツアー! 
2006.04.24.Mon / 14:38 
私がジョージと言ったら、ジョージ・マイケルなのですが(ヨロシク~)
公式サイトにツアー情報が出たそうです。(リンク先のsaraさんちで教えてもらいました。公式サイトもまめにチェックしないとだめですねえ~。)

25年のキャリアを迎えたことから、"25LIVE"と銘打って、
今のところ、11月17日のマンチェスターを皮切りに、
グラスゴー、ロンドン(アールズ・コート)、
バーミンガム、ロンドン(ウェンブリー・アリーナ)、と予定が出ています。

ウェンブリーの最終日が12月15日・・・

その後は、ぜひ、

街中に「ラスト・クリスマス」が流れる

東京におこしやす!!



今日から毎晩、寝る前に神様にお祈りしようっと♪

* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
スキャナでパニック 
2006.04.24.Mon / 13:14 
金曜の夕方にクライアントからカットの依頼が来ました。「初校が月曜(今日です)の午後なので、できればそれまでにお願い」と。小さいのが1点でモノクロだし、「いつもの感じで」いいというし、土日は出かけてたけど、月曜の午前中で楽勝♪だと思っていたら、

新しいパソコンとスキャナがつながらないではありませんか(泣)

メーカーのサイト(NEC←もうスキャナは生産してません)から最新のドライバ(とはいえ、2003年)がダウンロードできたんだけど開けない!(実は、Macを買った時にも試してみて、「クラシック環境にしたら使えるかも?」と思ったんだけど、ダメでした~(>_<) なので、Win 98で読み込んだものをMacにメールで送って描く、というめんどうなことをやっていたのです。Winでも描けるんだけど、めちゃんこ遅いので★)

まだ処分してなかったWin 98を立ち上げて、関係ソフトをインストールしなおそうかとも思ったんですが(←処分にあたり、初期化しちゃったんで)、買った方が早い!と家電量販店へチャリで走りました。(このチャリで行ってしまったのが誤算でありました)

スキャナは1万円くらいからあったんですが、プリンタの買い替えも考えていたところ、複合機に目が行き、

別々に買うより絶対得じゃん~!と

店員さんにいろいろ話を聞いて、買う気になっていたところ、「本体だけで8キロくらいありますから、お持ち帰りはたいへんかと(^_^;)」・・・・・

ああ、やっぱり、プリンタの方はもっとよく検討してから買おうと思い、スキャナだけを買って帰りました。(それにしても、ヒューレットパッカードのプリンタ、いつまでも使えて偉いかも? Mac OS X用のドライバもダウンロードできたし。インク代が高いから次はエプソンにしようと思ったんだけど、どうしようかな?)

本体だけならチャリの前カゴに入りそうだったんだけど、梱包してあるとさすがにダメで、カゴの上に乗っけて落とさないように気をつけながら、とぼとぼと自転車を引いて歩いて帰りました。トホホ。

このところ、いろいろやる気が出なくて、めんどうくさいことはぜんぶ後回しにしていたんですが、そのツケがとうとうやって来た感じでした。イカンなぁ。

* テーマ:雑記 - ジャンル:コンピュータ *
よしもとばなな「イルカ」 
2006.04.24.Mon / 08:54 
友だちが貸してくださったので読んでみました。

手に取ったとき、これ、ばななさんの本だったんだ~とちょっとびっくり。というのは、表紙のイラストは、新聞か何かの広告で目にしていたのですが、最近流行りのブログ本だと思っていたものですから(^_^;)(あの「ばななさん」の本にしては安っぽい印象を受けたという感じ。)

お話は、ものすごく感動したというわけでもなかったのですが、自分の妊娠・出産のことを懐かしく思い出させてもらいました。体内に命が宿るということは、すごいことなんだよなぁと再認識。
全体にちょっと血なまぐさい感じなので、男性には辛いかもしれません。(いや、逆に、男性にはその血なまぐささはわからないかもしれませんね?)

けっこう複雑な男女関係が描かれているのですが、個人的にシンパシーを感じるところもあって、自分もこんなふうになっていけたらとも思ったり。。。人によって読み方は結構違ってくるんだろうな、と思えるような本でした。


* テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 *
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 
2006.04.21.Fri / 23:45 
楽天ブックスで頼んでいたのが今日届きました♪
(値段はAmazonの方が2%安かったんですが、オマケの6色ボールペンが欲しかったので、こちらで注文しました・笑)

公開時の感想は、こちらです。(はしょってすみません。コメントをけっこういただいていましたのもありまして・・・)

家のテレビで見て、本作は特に大画面で観た方がいいなぁ~、って思いました(^_^;)


* テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画 *
「あの頃ペニーレインと」 
2006.04.21.Fri / 14:53 
キャメロン・クロウ監督の「『エリザベスタウン』がよかった」と言っていたら、「これもいいよ」と友だちが貸してくれました。

キャメロン・クロウ監督の自伝的作品だそうですが、弱冠15歳にして「ローリング・ストーン」誌の記者に抜擢された主人公ウィリアム(パトリック・フュジット)の、厳格なお母さん(フランシス・マクドーマンド)からの独立、ロックバンドのメンバーとの友情、グルーピー(自称バンド・エイド)のペニー・レイン(ケイト・ハドソン)への初恋、ジャーナリストとしての葛藤(評論家のレスターへの信頼)などが、'70年代のロックシーンを背景に、コミカルに暖かいまなざしで描かれていて、観終わった後、とてもほんわかした気持ちになりました。(オチがナイスですよねえ~(^_^))「エリザベスタウン」を観た時にも同じような感触がありました。(ロードムービーだしね) それに、「エリザベスタウン」同様、音楽が良い!! 監督の他の作品も観てみたいなぁと思いました。

原題は、"Almost Famous"というのですね。バンドのツアーバスのフロントに、"Almost Famous"(スター街道ばく進中)って書いてありましたよ。この邦題は、なかなかいいですよね(^_^)

登場人物で最高なのがお母さんかも。ぜんぜん子離れできないところがいたいけでもあるんだけれど、信念を曲げずに相手を自分のペースに巻き込んでしまうところなんか、すごいなぁと思いました。
ツアー先に電話をかけて来るんだけれど、取り次いだ大人たちが、「お母さんに締め上げられました」ってしゅんとなってる姿が笑えました。



「エリザベスタウン」のDVDも出ました。(もちろん買いました(^_^;) 今日あたり届くようです)
この作品、私はすごく好きなんですが、設定に無理があるので、けっこうそのあたりを、映画を観た人に叩かれていますね(^_^;) 
* テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画 *
「獣王星」第2話 
2006.04.21.Fri / 12:42 
昨夜の放送をついつい夜更かしして見てしまいました。

サードが出て来たけど、出て来たけど、出て来たけど・・・

吹き替えにダメ出しをしたいです、わたしは。

ドラマをほとんど見ない私は小栗旬くんがいかほどの俳優さんなのかは知りませんが、
今回はミスキャストでしょう~~(>_<)
慣れて来たら馴染んで来るのかなぁ・・・

ビールを飲みながらぶーたれていたら、だんなさんに
「べつにいいでしょう」と言われてしまったけど、
よくないんですっっっっ!!

ひさしぶりに原作を読み返したけど、何度読んでもおもしろいわ~。


* テーマ:獣王星 - ジャンル:アニメ・コミック *
リリー・フランキー「東京タワー」 
2006.04.20.Thu / 23:45 


友人のオススメで、貸してもらって読みました。
「泣ける本」として、ベストセラーになっているようですね。

たしかに泣けました。
なんていいお母さんなんだろうって。
母の子どもに対する愛は、無償の愛です。
じぶんは、じぶんのこどもに対して、ここまではできないだろうな、と思いつつ、やっちゃうかも、とも思ったり。。。

末期癌のお母さんを看取るまでの描写は、リアリティありすぎて、読んでて辛かったです。抗癌剤治療ってこんなに辛いんだ・・・ 
ホスピスに勤めていたけれど、現場があまりにも辛くてやめちゃった看護士さんの友人、抗癌剤治療を受けて治ったはずの乳癌が再発してしまい、抗癌剤治療を断ったせいかどうかわからないけれど、若くして亡くなってしまった知人のことを思い出しました。

リリーさんは、どうして身を削ってまで(自身を晒してまで)この作品を書いたのかな? 書くことで自分が救われる、というか、お母さんの供養になると思ったのかな・・・?

余談ですが、友人の友人のだんなさんが、あの9.11で亡くなってしまい、お子さんと帰国してから本を書かれたのですが(和久井映見さん主演のTVドラマにもなりました)、「書くことで救われる」とおっしゃっていたそうです。


* テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌 *
ひとだんらく 
2006.04.20.Thu / 15:20 
今日は、小学校のPTAの運営委員会と、校庭開放部会というのに、連ちゃんで出てきました。(ええっと、小学校関係では、つごう3つの役をやってます(^_^;) サッカークラブでは2つ・・・ 首を突っ込み過ぎ??)
今日の会合でひとだんらくついた感じ。

運営委員会終了後に、学年委員主催の親睦会の場所取りで、4人相手にジャンケンで勝ち、体育館をゲット!! やったね! いつも子どもにジャンケンで負けている自分ですが、今日は運が良かったです(^o^) これで今年の運を使い果たしちゃった、なんてこと、ありませんように(^_^;)

校庭開放は、PTAとは関係なく、区からの委託事業らしいのですが、今年に入って「予算をかなりカットします(なのでできればやめてください)」とお達しがあったそうで、子どもたちの遊び場を確保するために始めたことなのになぜ?と、みんなで怒っています。へたすると、サッカークラブのような団体への校庭の開放も中止になるかもしれず、そんなことになったら練習ができなくなってしまうので、みんなでおののいています。明日、さらに上の部会の話し合いがあるそうなのですが、委員のかたたちにはがんばってほしいです~。

区の教育長が代わって(前の教育長は左遷されたとのウワサ。うちの校長先生だった人ですごく良い方だったのに・・・)、なにやら派閥争いのとばっちりを子どもたちが受けてるみたいで、いやになっちゃいます(>_<)

終わってから友だちとマンジャ・ペッシェでランチしながら、あーだこーだとしゃべって、かなりすっきりしました(^-^) 月曜が彼女の誕生日だったというので、ワインまで飲んでしまった(^_^;) 

なんか私の知らないところで、いろいろ人間関係がこじれてたりするみたいで、これからも"Hear, See, Speak No Evil" でいこうと思いました。
* テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児 *
「ブロークバック・マウンテン」 
2006.04.19.Wed / 14:56 
リンク先のmoritoさんのところで、おもしろいパロディビデオが紹介されていたので、本作の方を思い出し、先月、以前のブログで書いた感想を復活させてみました。

:STORY:

イニス(ヒース・レジャー)とジャック(ジェイク・ギレンホール)は、'63年、20才の夏に、ブロークバックマウンテンで羊の放牧の管理をする季節労働者として雇われます。キャンプをしながら仕事をしているうちに、友情が芽生え、いつしかそれは深い愛情へと変わって行きます。
しかし、ゲイだとばれたら殺されるかもしれない、という時代、(田舎だからというのもあるんでしょうけれど)、2人はそれぞれ結婚し、子どもをもうけ、ワイオミングとテキサスと離れた地で、それぞれの暮らしを送っています。
ブロークバックでの夏から4年後、ジャックからイニスのもとへ「近々訪ねに行く」とポストカードが届きます。再会を喜び、求め合うふたり・・・
それから20年の間、妻には「釣りに行く」と言って、逢瀬を重ねるのですが・・・

この先は、映画で観てください~。

伏線の貼り方がすごく巧くて、ああ、あれはそういうことだったのか、と思うような場面がいくつもありました。
ちょっとネタバレですが、イニスの方は、子どもの頃のトラウマがあって、(←子どもの頃、父親にリンチ殺人された近所のゲイの死体を見せられています。しかも手を下したのは、父親らしいのです。そんな時代もあったなんて、ショックなんですが。。。でも、今だって、そういう差別が無くなったわけじゃあないんですよね。)隠れゲイとして生きています。

隠れゲイというのは、クロゼットゲイというのですね。

このクロゼットという言葉が、ラストへの伏線になっていますんで、これから観る方は頭の片隅に置いておいてくださいね~。
泣けますよ~(>_<)


彼ら2人は、もともとゲイだったわけではなく、(気づいてなかっただけなのかもしれないけれど)、愛してしまった相手が、たまたま同性だっただけのこと、だと思うんです。
でも、ゲイだとばれたらリンチされるような時代・・・
さぞかし生きづらかったことでしょうね。
かといって、今の時代、あらゆる差別がなくなったわけではない。
もっとみんなが生きやすい世界になれば良いのにね。

それにしても、ぜつみょうなキャスティングだなぁ~。
ジェイクは、「ジャーヘッド」で知りましたが、私の中で、赤丸急上昇中です^^青い目がすごくキレイなん。(あっっ、顔だけじゃないですからね~)
ヒースは、「ロード・オブ・ドッグタウン」と「ブラザーズ・グリム」に出てたんだぁ。見逃したやつです(泣)


映像がとても美しく、音楽もマッチしていて、とてもよかったです。
カウボーイファッションに心魅かれる人もいるんじゃないのかな?
この作品は、今年のアカデミー賞で、
・監督賞(アン・リー監督。アジア人で初めての受賞)
・脚色賞
・オリジナル音楽賞
の3部門を受賞しています。
もう1回観たいような気もするけれど、
DVDが出るまで待とうっと。

*今日観た「プロデューサーズ」で、「ゲイ」の元々の意味は「明るい、楽しい」ってな意味だとうことを知りました。ゲイの演出家が、「(これからのミュージカルは)明るく行かなきゃだめよ~♪」って感じで使ってました。

* テーマ:ブロークバック・マウンテン - ジャンル:映画 *
「プロデューサーズ」 
2006.04.19.Wed / 13:32 

producers


落ち目の舞台プロデューサーの起死回生の計画は、1日で大コケする最低のミュージカルを製作して、製作費を持ち逃げすることだった。しかし、目論見に反して舞台は大成功してしまい……。

というストーリーがおもしろそうだったので、レディスディだし、と観て来ました♪

めちゃんこおもしろかったです~!

かなりブラックユーモアに満ちているので、好き嫌いがあるかもしれませんが(^_^;)

ニホンジンって映画館であんまり笑わないじゃないですか、私も最初の方はこっそり笑ってたんですが、中盤のあたりから、まわりのお客さんたちも声を出して笑うようになって来たので、あんまり気にせず笑えるようになりました。(いや、まぁ、バカ笑いはしなかったけど(^_^;)) これ、家でDVDで観たら、こころおきなく笑えるだろうなぁ~。

キャストも最高!

ドイツ語、フランス語、スエーデン人が話す英語、アイルランドなまりの英語、と出て来るので、語学に堪能な人は、そのぶん面白いだろうな。

それと、「ブロードウェイミュージカルへのオマージュ」という側面もあるそうなので、そちら方面に詳しい人は、面白いと思うし・・・でも、ミュージカルに明るくない人でも、楽しめると思いますよ!(とはいえ、オトナ向きかと(^_^;))

最後に出て来たおじさまは、オリジナルの製作のメル・ブルックスだったようですね。
感慨深い人も多いんだろうなぁ~~。

*これから観に行かれる方へ 

くれぐれも最後まで席を立ってはいけませんよ!


公式サイトはこちらです。



* テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画 *
「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」 
2006.04.18.Tue / 15:33 
去年の夏、公開時にお子達と一緒に観に行ったのですが(そのときの感想はこちらです。)、「8000円もするから」と買うのを諦めたDVDを、近所の中学生の女の子が持っていたので(あっ、直接交渉できるほど仲良しではなくって、その子のママから頼んでもらいました(^_^;))、貸してもらって観ました。(今検索したら、3000円台で通常版も出ていたのですねえ~。)

特典のメイキングがかなり笑えます。

たいがいのアニメ映画がそうであるように、かなりタイトなスケジュールで製作が進んでいたようですが、監督が、「アニメの神様っているんだね。ちゃんと間に合うもんだよね。」と言ったら、すかさず、スタッフの方が「監督、それはみんなが間に合わせようとがんばったからであって、超常現象が起こったわけじゃないんですよ~(とほほ)」と突っ込んでいたのが笑えました。

エド役の朴路美さんが、素では、マチャミのようなキャラだったので、ちと意外でした。
アル役の釘宮理恵さんは、声の印象そのままのひとでした(^_^;)

随所にスタッフの作品に対する「愛」が感じられました。
限定版を貸してもらえて、ホントに良かったです~。

「原作はまだ続いているので、完結した時に、なにかまた形にすることがあったら、声をかけていただけるようにがんばりたいです」と、監督が言ってました。期待しちゃうよね。



* テーマ:鋼の錬金術師 - ジャンル:アニメ・コミック *
「RENT」 
2006.04.18.Tue / 10:25 
GWに向けて(4/28~)公開されるのですが、公開が楽しみな作品の1つでして、このところよくOSTを聴いています♪



これ、映画館で予告編を観たときに流れていた歌"Seasons of Love"が、あまりにも良くて、この1曲が聴きたいがために買ってしまったようなCDです。

でも2枚組でボリュームがありすぎるので、ふだんは、こっちのベスト盤仕様に自分で編集し直したものを聴いています(^_^;)



メロディもいいんですが、歌詞もいいんですよ~。

"Seasons of Love"

Five hundred twenty-five thousand
Six hundred minutes,
Five hundred twenty-five thousand
Moments so dear.
Five hundred twenty-five thousand
Six hundred minutes
How do you measure, measure a year?

In daylights, in sunsets, in midnights
In cups of coffee
In inches, in miles, in laughter, in strife.

In five hundred twenty-five thousand
Six hundred minutes
How do you measure
A year in the life?

How about love?
How about love?
How about love? Measure in love

Seasons of love. Seasons of love

525600分 
1年をどうやって測りますか?
夜明けで 日暮れで 深夜で 
コーヒー飲んだ回数で
インチで マイルで 笑いで ケンカで
人生のうちの1年
どうやって測りますか?
愛っていうのはどう?
愛で測ってみて


作品の概要はこちらでして、
       ↓
1996年2月、ニューヨーク、ダウンタウンの小劇場で初演されたミュージカル「RENT」。リアルでセンセーショナルなストーリーと、ロックをベースとしたドラマティックな音楽が話題を呼び、3ヶ月後にはブロードウェイの大劇場に進出。トニー賞、ピュリッツァー賞など数々の賞を受賞した“伝説的ミュージカル”待望の映画化。
ジャコモ・プッチーニのオペラ“ラ・ボエーム”をベースに、舞台を1989年~90年のニューヨークに置き換え、貧しくも夢見る若者たちを主人公にした物語。エイズ、ドラッグ、同性愛といった様々な問題に直面しながらも懸命に生きぬく若者の姿を、美しいミュージカル・ナンバーにのせて生き生きと描き出す。


公式サイトはこちらです。
* テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画 *
Show Time 
2006.04.17.Mon / 14:50 
パソコンを買い換えてから、Gyaoのコンテンツをまだ観ていなかったことを思い出し、「Show Time」の映画のところを眺めていたら、「南極物語」のポール・ウォーカーやフランク・マーシャル監督のインタビューまであり、ほうほうと思いながら見入ってしまいました。
監督は、はっきりと「リメイクではない」と言い切ってましたね。(プロモで来日したのはいいけど、きっと行く先々で「リメイク」って言われたでしょうから、いいかげん閉口していたかもしれませんね~。)


「ジャー・ヘッド」のジェイク・ギレンホールのもちょっぴりあったし、「RIZE」のダンサーたちのもありました。後者には、けっこう印象深いものがありました。

・あなたにとってダンスとは何ですか?

という問いに対して、

1人は、「光」と答え、
1人は、「癒し」と答え、
1人は、「静寂」と答えていました。


・映画を観た人へのメッセージ

世の中は破壊で満ちているから、クリエイターになることを目指してください。クリエイターになれる人の数は少ないけれど、世界中で増えたら、その数も多くなるから。

なんて、いいなぁと思いました。

「そうだ!ジョージ・マイケルのもあるかも?」と思い、検索したら、去年の来日時のがありました、ありました。ワ~イ。何度もどっかで観たような映像でしたが、やっぱりうれしかったです。

過去にさかのぼって、いろいろとあるみたいなので、時間のあるときにまた観てみようと思います♪

ただ、この前もぼやいちゃったんだけど、Macでも観れるようにしちくり~って感じですわん。


* テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ *
サッカークラブのオフィシャルサイト 
2006.04.17.Mon / 10:19 
昨日は、お子たちがお世話になっているサッカークラブの総会でした。今年もなんだかんだと関わっているので、無事にすんでホッとしています。
(さっきまでいろいろとグチを書いていたんですが、間違えて消しちゃったので、もう書かないこととします(^_^;))

サッカークラブのオフィシャルサイトのリニューアルオープンも総会に間に合ってホッとしています。実際に作ってくれたのはコーチなんですが、開設準備委員会みたいな感じで関わっていたものですから・・・

こちらなので、よかったらのぞいてみてくださいね。

練習試合の申し込みもお待ちしています♪(あんまし強くないんですが(^_^;))

* テーマ:少年サッカー - ジャンル:スポーツ *
ここにも同郷人が 
2006.04.15.Sat / 20:08 
サッカークラブの副部長さんと、明日の総会の打ち合わせなどしていたら、同郷人だということがわかり、びっくり!!
しかも、同じトシ(1学年違いですが)で、通った大学は隣の大学だったので、さらにびっくり! 子どもの接点はほとんどなくて、今年度の役員になってから話すようになって、話しやすい人だと(お互いに)思っていたのですが、それが理由だったのかしらん?(ええっと、東京ではお互いに名古屋弁は出ませんね(^_^;)) 映像関係のお仕事をされてるそうなので、なんとなく感性に近いものがあるのかもしれませんね?

人との出会いっておもしろいよね。




* テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記 *
USENさん 
2006.04.14.Fri / 13:48 
2月の終わりからADSLからUSENの光ファイバにして、サクサクネット生活♪のはずが、どうも接続状態がよくなく(時々つながらなくなってしまう)いろいろとやってみた*のですが、どうにもダメで、テクニカルサポートセンターのお世話になりました。

*・Macのポートがゆるかったので交換してもらった。
 ・3月いっぱいはADSLと並行して使っていたけれどそれがなくなった。(スプリッタの使用がなくなった)
 ・Windowsのパソコンを買い換えた。

実は、Macを疑っていたんだけれど、Windowsでも同じような症状が出ることがわかり(古い方はUSENの設定をしていなかったのでわからなかったんです)、Macのせいじゃなくてよかった~と一安心。

いろいろ調べてもらった結果、ドアホンのモジュラージャックから電話線をひっぱっているのが原因のようでした。パソコンが置いてある部屋の壁にもモジュラージャックがあるので(ADSLの時は信号が弱くて?使えなかったんです)、そっちにつないでみたら?と言われ、やってみたら、ナンバーディスプレイが使えなくなっちゃうし、電話で話していないとネットが使えないということが判明(^_^;)

とうとうおうちまで来てもらうことになりました(^_^;)

なんなんだ~。

「(3年くらい前にUSENに加入したとき)対応が最悪だった」と友だちに言われたんだけど、とっても親切・丁寧なので、ここ2年くらいの間に社員教育に力を入れたんですかね?

今のところ、満足しています。
ただ、USENにお願いしたいんですが、
MacでもGyaoのムービーを見られるようにしてください~! お願いっっ!!


* テーマ:PC不調 - ジャンル:コンピュータ *
「獣王星」 
2006.04.14.Fri / 11:02 
「獣王星」のアニメ、いよいよ始まりましたね~!

私にとってはアニメ化が待ち遠しかった作品だけに、ほんとにうれしいです。(「OZ」が舞台化されたって聞いたときは「むむむ」な感じでしたが(^_^;))

夜中の1時という起きているのはつらい時間だったのでビデオに録って見ましたが、絵がきれい!! 感激!!
シネマサイズ(?横長の画面)だったので、ゆくゆくは再編集して映画として上映するのかな?なんて思ってしまいました。このクオリティを維持して行ってほしいですねえ~。

トールとラーイ役の高山みなみさん、性格の違う双子を声で演じ分けて、巧いなぁと思いました(^o^)(実は、エンドクレジットを見るまで、片方は朴さんかと思ってました(爆))

今回は堂本光一くんが声優初挑戦、というのがウリの1つみたいで、私は不安でいっぱいなんですが、うまくやってくれることを祈りたいです。(6話から出てくるようですね)

でもさあ、高山みなみさんなら、「名探偵コナン」で、コナン君と新一を演じ分けてるくらいだから、そのまま最後まで演じ切っちゃえばいいのにねえ。納得がいかないなぁ~。

主題歌も堂本くんということですが、アーティスト志向があるというのはわかりましたが、なんかよく聴き取れない歌だったかと。(ファンの方、ごめんなさい。吹き替えに俳優やタレントが起用されるのって好きじゃないもんですから。)

とにもかくにも、この先が楽しみです♪

公式サイトは、こちらです。
* テーマ:獣王星 - ジャンル:アニメ・コミック *
ブログペット始めました♪ 
2006.04.13.Thu / 21:03 
テンプレートを変えたら、FC2解析が(バナーはちゃんと貼れてるのに)働かなくなってしまい、お友だちに勧められていたブログペットを飼い始めてみました。

まだ始めて数時間なので、自分のアクセスがほとんどなんですけれど(^_^;)、どんな検索ワードで来てくれたのかまでわかって、おもしろいですねえ~。

うさ吉(うさきち)をクリックしたら、近づいて来て、なにかお話ししてくれるみたいですよ。とりあえず設定していないのですが、コメントも書いてくれるようです。(よそで見かけた意味不明なコメントは、彼らによるものだったのですね~)

ここまでできるテクノロジーの進化ってすごいわぁ。

そういえば、今日、長男は遠足だったんですが、帰りが遅いなぁと思っていたら、ママ友だちからメールが入り、「今、○○を過ぎました」と! お子さんが持っているケータイにGPS機能がついているそうで、すごいよねえ~。

* テーマ:ブログペット - ジャンル:ブログ *
フラワーアレンジメント 
2006.04.13.Thu / 12:39 
二等辺三角形


今日のお題は、「一種類の花を使ってのアレンジメント(二等辺三角形)」でした。

簡単そうに見えて、実は上級者コースなんだそうです。
確かに、散らしの花(隙間を埋める花)がないので、ごまかしがきかない感じ(^_^;) バラの葉っぱも、いつものように丸坊主にしないで、適当に残さないといけませんし・・・

一種類だけでもすてきですよね(^_^)

今日は悲しいことがあって、出かける時に荷物が「カチン」って言ったから、もしや・・・と思ったら、案の定、花器が欠けていました(>_<) 瞬間接着剤が無かったのでビニールテープで貼付けましたが、見えないところだから良いけどショックでした・・・

* テーマ:フラワーアレンジメント - ジャンル:趣味・実用 *
保護者会 
2006.04.12.Wed / 19:23 
役員決めが懸案の、第1回保護者会に行って参りました。
低学年と高学年で2日に分けてやるんですが、今年は4年と6年で同じ日なので、2つの教室を行ったり来たり。

「キムタク似と言われる」とのたまった、長男の担任の先生、う~ん、息子よ、その発言をマジに受け取ってはいけなかったね(^_^;) (先生がマジでそう思ってるとしたら怖いなぁ)

さてさて懸案の役員決めですが、今年は本部の会計監査を仰せつかっているのですが、学年委員なら兼任できるということで、すでにサッカーでの仲良しママ(次男が1年生の時に学年委員を一緒にやりました)が立候補していたので、彼女と一緒なら、と思い、立候補しました。その後も、郊外、広報と、立候補してくれるひとがいて(奇跡だ~!!)、卒対(卒業対策委員)以外はすいすいと決まりました。隣のクラスでは難航していたそうですが、私たちが学年をやるなら、と、サッカーママが引き受けてくれて、受験があって大変だからと3人体制でやることになり、バスケママが引き受けてくれたそうです(^_^) このメンツなら楽しくできそうでよかったです♪

今まで無言で休む人も多かったので、本部さんから、出欠とともに、何ができそうか?というのを第2希望まで書いて出してもらうことにしたので、けっこうスムーズに決めることができてよかったです。(なにも希望を書いていないツワモノもいらっしゃいましたが(^_^;))

結局、卒対はくじびきになり、当った人は、お仕事が忙しそうで(今日も欠席)かなり不安なメンツ・・・もう1人、ということで、当った人は、とても頼りになりそうな方で、「嫌な予感がしたんだよねえ」といいつつも引き受けてくださって、よかったです。

最後の学年、ケンアクな雰囲気で終わらなくて、ほんっとによかったです。

6年生の方が抜けられなくなってしまい、4年生の方は何もやらないことになってしまったのが(1日だけ出る研修会とかやろうかと思ってたんです)ちょっと心残りでした。
* テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児 *
「ゲド戦記」 
2006.04.12.Wed / 19:00 
「南極物語」を観に行った時に、予告編を観ることができました。
スタジオジブリの7月公開の最新作です。
動く映像を初めて観ましたが、これは期待を裏切らない感じ!

しかし

今回の監督、宮崎吾郎氏は、お父さん(宮崎駿氏)と一緒で、俳優の吹き替えが好きみたいですね(^_^;)

主人公アレンに、岡田准一くんって・・・ う~~~ん

ゲド役の菅原文太さんは、「千と千尋~」の釜爺は確かによかったけど、

田中裕子、小林薫、倍賞美津子、吹雪ジュン、ってのは、あなたたちがやらなくても、って感じだなぁ。
ヒロイン、テルー役は、手嶌葵(てしまあおい)さんって新人だそうです。テーマ曲も歌ってましたが、歌はよかったです。

オフィシャルサイトはこちらです。
* テーマ:映画情報 - ジャンル:映画 *
「南極物語」 
2006.04.12.Wed / 13:56 
max


この作品、予告編を観ただけでもうるうるしてしまい、映画館でうるうるしっぱなしなのもなんだかなぁと思い、DVDが出るまで待つつもりだったのですが、やはり大画面で観ておきたいと思い直し、滑り込みセーフでレディスデーに見てきました。

いやぁ~観てよかった~! 案の定、うるうるしっぱなしでしたけどね(^_^;)

ワンコ達の迫真の演技がすばらしかったのですよ! エンドロールでキャストが流れたときに人間より先にワンコとトレーナーの方達の名前が流れましたが(ワンコ1役につき2匹ずつ担当していたんですね)そりゃそうだろなぁと思いました。もちろん俳優さん達も良かったですよ(^-^) 迎えに行きたいけど行けない、諦めるしかないのか? でも行きたい、どうしたらいいの? とにかく行っちゃえ!と、みんなの気持ちがひとつになっていくところは泣けましたです(;_;)
ワンコの話では、経験が浅くてついドジを踏んじゃって、みんなのヒンシュクを買っていたマックスがリーダーとして成長していくさまとか、リーダーのマヤの責任感の強さとかの描き方がよかったです。
自然の過酷さもよく撮れていました。撮影が大変だったでしょうね・・・

日本の「南極物語」はまともに観たことがないのに(先日テレビでやったのも見逃したよ~(>_<))こんなこと言うのもなんですが、今回の「南極物語」は、「リメイク」みたいな扱いを受けてる印象だったので、ちょっと違うんじゃないのかな?って思いました。25年前、日本の「南極物語」を観て感動した世代に、自分たちの子どもと一緒にあの感動をもう一度、と思っての宣伝だったのかもしれませんが(違うのかな?)、だからといって観に行く人がどれほどいたんだろうか? 原題の「Eight Below」、「残された8匹」みたいな感じなのかな?と思っていましたが、「below」というのは、南極を指すんだそうです。セリフでも、「南極から落っこちちゃったら(下に行ったら?)宇宙」みたいなセリフがありました(^_^;) でもって夏と冬が、北半球とは逆なんですよね。最初、ちょこっと混乱しました(^_^;) 「冬になったら迎えに行けない」と言ったとき、主人公たちのいるアメリカは、夏に向かっていたので・・・

余談ですが、私のHN(というかニックネーム)のchobiは、「動物のお医者さん」のシベリアンハスキーのチョビに由来しています。(ある日、突然、そう呼ばれるようになりました(^_^;))なので、ハスキー犬には思い入れがたっぷりなんですよ~。そんなことも、この映画を涙なしでは観れない理由です(笑)
* テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画 *
TVアニメ 
2006.04.12.Wed / 09:37 
私は、この年代の母親にしては、TVドラマは見ないのだけれど、TVアニメや特撮はよく見ている方だと思います。だんなさんも、けっこうアニメ好きなので、家で盛り上がる話題は、サッカーよりアニメだったりします(^_^;) でもまぁ見るだけで、関連グッズは集めたりしないので、マニアというほどでもないんですが・・・

今シーズンは、けっこう「見もの」があるような感じで、うれしいです♪

ざっと挙げてみると、

日曜 「仮面ライダーカブト」「牙」「デジモンセイバーズ」「ちびまるこちゃん」
月曜  --
火曜 「カペタ」「銀魂」
水曜 「アイシールド21」
木曜 「ゼーガペイン」「××× Holic」「獣王星」(←今週から)
金曜 「機動戦士ガンダム」(再放送)
土曜 「メジャー」「ツバサクロニクル」

ってな感じでしょうか(^_^;)
SFとスポーツものが好きです。

ご近所さんにも、うちと似たような(というかもっとマニアックな)お宅があって、今、中学生のお姉ちゃんに「鋼の錬金術師」の映画のDVDを貸してもらってます。

お子達がこの先どう転ぶか楽しみ?です。

* テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック *

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。