ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2006年05月の記事一覧
≪04month
This 2006.05 Month All
06month≫
「ママ・ミア」 
2006.05.31.Wed / 19:06 
ママミア


ABBAファンの友だちからの情報です。(せっかくだからアップしたよ~ん)

アバのビョルン・ウルヴァースとベニー・アンダーソンが俳優のトム・ハンクスと手を組み、アバの大ヒット・ミュージカル『マンマ・ミーア!』を基にした映画を制作する契約をしたんだそう。(年末公開かクランクイン予定)

詳しくは、こちらに。

舞台もオススメされてたんですが、高かったり、チケット取るのがめんどうだったりで、二の足を踏んでたのですが、映画なら気軽に観に行けますよね♪

トム・ハンクスなら信頼できると思うし。楽しみがひとつ増えました。

ママ・ミア <ミュージカル> ― オリジナル・サウンドトラック ママ・ミア <ミュージカル> ― オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・ロンドン・キャスト (1999/12/27)
ユニバーサルインターナショナル

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
* テーマ:公開予定前の映画 - ジャンル:映画 *
タイタニック 
2006.05.31.Wed / 18:32 
今週末、お子達は運動会なのですが、長男たち6年生は5年生と一緒に組体操をやります。
今日、当日はどのあたりにいるかしるしをつけたプリントを持って帰って来たのですが、

二人技 タイタニック

というのに目が止まりました。

「船が沈むかたち?」

「違うよ。去年やったサボテン」

つまり、ジャックとローズが船首でやったあの有名なポーズなんだな(^_^;)

ほかには

三人技 スーパーマン

ってのがありました。わかるよね(^_^;)

(「グライダー」とも言います)

この命名のセンスは、今年赴任して来た長男の担任のセンスかもしれません(^_^;)

うちのお子達は、2人とも俊足を誇っていて(身内では速い人いないんだけどな(^_^;))、ことしは兄弟そろって高学年リレーに出ます。
同じ赤組、しかも同じチームだそうで、よかった、よかった。
兄弟で紅白に分かれちゃうと、夕飯の時、びみょうな雰囲気になっちゃうんですよ~(^_^;)
* テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児 *
「ダ・ヴィンチ・コード」 
2006.05.31.Wed / 13:49 
やっと観に行くことができました(^_^)

初回が9時だったので朝はバタバタでしたが、なんとか間に合いました。レディスデーだったので、やっぱり混んでいました。(8割くらい入ってたのかな?)

原作をはしょってるところもありましたが(原作を読んで無い人にもわかるのかな?と思ったり・・・)、原作をビジュアライズしてもらった、って感じで、私はとっても満足しました。(自分の中でビジュアライズしにくかったシラスがとってもよかった! 怖かったけど(^_^;))

細かいツッコミなんですが、最初の導師からの電話の声で、原作を読んでなくても、「ロード・オブ・ザ・リング」のファンなら、誰が導師かわかっちゃうだろうなぁ(^_^;) 
映画製作って難しいよね。

ルーヴル美術館でロケさせてもらえたってだけでも、すごいことですよね。

トム・ハンクスが語っています(プログラムより)

テクニカルな面だけでいうと、ルーヴルは決して撮影するのに難しい場所ではない。電源もあるし水もあるし、機材もフィットする。でも、精神的な緊張感には、とてつもないものがあった。値段をつけることすら不可能なマスターピースに、常に囲まれているんだからね!

教会での撮影シーンもいくつかあるのですが、スピリチュアルなものがスタッフに降りて来ていたことでしょうね。

ダ・ヴィンチ・コード展で展示してあった撮影小物が実際に使われているところを見られたのも感激。ティービングの杖は2本だったんだ~とか(展示してあったのは1本)、展示してあったローズラインのプレートは逆さピラミッドの中心においてあったやつですか?とか・・・(実際に地面に埋め込まれているものなんでしょうか?)

これから行く人で、キリスト教に造詣の深くない人は、原作を一読してから行った方がわかりやすいかも?です。

先日、検索ワード「クリプテックス ストラップ」で来た人がいて、グッズであるのかなぁ?と思ったら、キーホルダーはあったんですが、でも、思いっきり「南京錠」みたいなやつで笑えました(^_^;)

- - - - -

レディスデー、おばさんで混んでるだろうから、多少の覚悟はしてたんだけど、本編の前後のおしゃべりがほんっとにうるさくて、広告のときしゃべってるのならまだしも、予告編が始まってもしゃべり続けてるし、エンドロールになったらとたんにしゃべり続けるし・・・閉口しました。映画を観終わっての感想は外でやってくれい!! エンドロールって本編の余韻を楽しんで、現実世界に戻るまでのひとときじゃないですか、なのに、いきなりおしゃべり始められたらぶちこわしですよ(>_<) そんなことないですか?
* テーマ:ダ・ヴィンチ・コード - ジャンル:映画 *
"Kirk Whalum performs the Babyface songbook" 
2006.05.30.Tue / 22:50 
Kirk Whalum Performs the Babyface Songbook Kirk Whalum Performs the Babyface Songbook
Kirk Whalum (2005/10/04)
Rendezvous (Red)

この商品の詳細を見る


最近、お気に入りの1枚です。

カーク・ウェイラムに関しては、映画「ボディガード」のテーマ曲"I will always love you"でエモーショナルなサックス吹いてた人、くらいの認識しかなかったのですが、デイヴ・コズのライヴで、目の前で演奏を聴いたり、サイン会でちょこっっとお話して、人柄が音に出てるような方だなぁと感じました。(それはデイヴにも感じました)
このアルバム、全曲ベイビーフェイスですから、良くないわけがないんですが、いやぁ、ほんとにいいです。

サックスに限った話ではないのですが、人によって音が違っているのはおもしろいですよね。彼らは「自分の音」を築き上げるまでに、それこそ血のにじむような練習をしてきたんだと思うんですが・・・ 「40代でも若手」というこの世界、奥が深いですよね、ほんと。

* テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽 *
梅酒を漬けはじめました♪ 
2006.05.30.Tue / 12:14 
この話は、去年もブログにアップしているので、今年は作り方を描いてみました。
梅酒の作り方


今年は、沖縄みやげの黒砂糖がたくさんあるので、氷砂糖のかわりに入れてみようと思っているのですが、どんな味になるか楽しみです(^_^)

なんかいろいろいただいちゃって、果実酒用のビンが5つもあるんです。全部漬けようか迷い中・・・(^_^;) 

年月が経つほどおいしくなるっていうんだけど、いつも飲み切っちゃうんだよなぁ~。(おすそわけも少々(^_^;))
* テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ *
つぶやき 
2006.05.30.Tue / 10:19 
朝刊の折り込み広告に、私が加入している生協の「新規ご加入キャンペーン」のチラシが入っていました。(自分がカットを描いていた生協さんではないです)

パッと目を引いたイラストは、イラストエッセイを何冊か出している有名な(←少なくとも主婦にとっては)イラストレーターさんのもので、「原稿料も高いだろうに、気合い入ってるな~」と思いながら見ると、なんかへん。

手の向きが逆じゃん!

いくら有名だからって、プロなら考えられないヘマだよ~~!!
(指摘できなかったクライアントだってだめじゃんね)

ひょっとしたら、そのイラストレーターさんのテイストをまねっこして、別の人が描いてるのかもしれないけど、それにしたって、ねえ~。

と、朝からちょっとショックを受けてしまいました(^_^;)

気にならない人には気にならないんだと思うけど・・・




* テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ *
"VOICES"(その2) 
2006.05.29.Mon / 13:24 
土曜日の日記に「買おうかな?」と書いて、ホントに買っちゃったんですが、思ってた以上に良いです! 古いところではエルヴィス・プレスリー、新しいところでは、ウエストライフ、シャキーラ、その間を取って、エルトン・ジョン、マイケル・ジャクソン、マライア・キャリー(やっぱ"Hero"ははずせないよね(^_^;))、ビリー・ジョエル、バーブラ・ストライサンド、アニー・レノックス、etc. etc. 忘れちゃいけない、ジョージ・マイケルもねっ!
あのひともこのひとも、あの曲もこの曲も、とおなかいっぱい。

公式テーマソングを歌うイル・ディーヴォとトニ・ブラクストン、イル・ディーヴォって、全然知らなかったんですが、
写真だけ見たら ↓    
アンコール(DVD付) アンコール(DVD付)
イル・ディーヴォ、イル・ディーヴォ&セリーヌ・ディオン 他 (2006/03/22)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る


イケメン4人組のポップグループですか?って感じじゃないですか(わたし、スパンダー・バレエ思い出しちゃった(^_^;))。聴いてビックリ!!!(ラッセル・ワトソンで驚いてる場合じゃなかったね!)「クラシカル・クロスオーバー」というジャンルがあるそうなんだけど、おもいっきりクラシック寄りなんですよ。テノールの人が特にすごいです。話のタネに?聴いてみて~!!

こんな本が出ていて、

クラシカル・クロスオーバー・ガイド―あなたの心をうるおす クラシカル・クロスオーバー・ガイド―あなたの心をうるおす
(2005/05)
洋泉社

この商品の詳細を見る


観て、聴いて、胸がときめく、今一番注目のイケメン4人組──イル・ディーヴォだそうですよ(^_^;) 
ピアニストのマキシムや、歌姫・サラ・ブライトマンもこのジャンルに入るのですね。ふ~ん。

話がそれちゃってスミマセン

このアルバムの中で一番ワールドカップらしくていい、と思ったのは、公式アンセムかな? サンバのリズムに身体が自然と踊り出します♪ 英語とフランス語とアフリカの言葉のミックスなのも、「ワールド」を意識してのことでしょう。

誰が選曲したんだろ?と思いつつ、ライナーノーツを読んでいたら、
イル・ディーヴォの音楽とリンクするアーティストや楽曲が数多くセレクトされた。(略)イル・ディーヴォの仕掛人サイモン・コーウェル氏のセンスが発揮されているのかもしれない。
とな。なるほど。

でも、この方、
どの曲もスポーツと音楽の融合をテーマにしているのが特徴
って書かれてて、ちょっと信用できないかも?って思っちゃいました。
どこがぁ?と思ってしまったのは私だけではないよね(^_^;) 

VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム
オムニバス、イル・ディーヴォ with トニ・ブラクストン 他 (2006/05/24)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る
* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
ランプの宿~駒の湯山荘 
2006.05.29.Mon / 00:15 
ランプ


4年前にたまたま訪れて気に入ってしまい、それ以来、年に1回は訪れている新潟の山奥の温泉に行って来ました。

平年は4月の末にオープンしているのですが、去年に引き続き、今年も豪雪のため、オープンが遅れ、オープン1週間後という日に泊まりに行ったものの、山道は雪で倒れた木がゴロゴロしていて、かなりサバイバルな感じでした(^_^;)

ここの温泉の特徴は、源泉(33度)を加熱していない、かけ流しだということ。浸かっていれば芯から体が温まってくるとはいえ、やっぱ寒いので、隣に沸かした温泉も並んでいます。両方の湯船を行ったり来たりしている間に、ほんとに身体はぽっかぽかに・・・天然の超音波の泡が出ているそうで、先日、調査の方がいらっしゃったそうで、その効能はかなりのものだそうです。(湯温が低いので1時間くらいあっというまです)

ちょっと前までは、ホントの「ランプの宿」だったそうですが、ボヤ騒ぎが何度かあったせいで、自家発電による「電気式ランプ」の宿に・・・(ランプに電球を組み込んだものは、ここにしかないそうな)
でも、今年から、希望者以外にも本物のランプをお部屋に灯してくださっています。(ランプの扱い方を教わりました)

電話も衛星電話というくらいなので、お部屋にTVはありません。(とはいえ、BSアンテナが屋根に付いていたので、家主さんは見ていることでしょう(^_^;)) 日が暮れてからすることといったら、温泉にはいること・・・「貸し切り露天風呂」が2つあるので、家族で、食前、食後、次の朝、と3回も入ってしまいました(^_^;)(子どもたちはプール気分)寝る前に、ランプの明かりの下、オセロをやったり、本を読んだり・・・TVのない、まったりした時を過ごすことができました。

お食事は漆器で供されるのですが、地元でハレの日に使われていたお膳、水道水に耐えられないからとゴミになるところを、こちらの水は大丈夫だから、とかき集めてきたんだそうです。
山の幸満載の食事は(イワナの炭火焼きなんて、頭から全部食べられちゃいます)、派手さはないけれど、とても心がかよったおもてなし、という感じで、また来たいなぁと思ってしまいます。(実際、リピーターが多いようです)
* テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行 *
トミオカホワイト美術館 
2006.05.28.Sun / 16:14 
新潟に行って来ました。

たまたま(だんなさんが(^_^;))ガイドブックで見つけた、富岡惣一郎画伯の作品を収蔵した美術館で、(詳しくはこちらに)画伯のことは全く知らずに入ったのですが、あまりの美しさに、迫力に、潔さに、足が立ちすくんでしまいしまいました。

画伯についてはこちら
 ↓
富岡惣一郎(1922~94)は、新潟県・高田生まれ、自ら開発した黄変、亀裂、剥落のない白油絵の具「トミオカホワイト」と、刀鍛冶に特注した長大ペインティングナイフで、一貫して国内外各地の雪国の世界を取材、死の前年まで大作を描きつづけました。油絵とは思えない平滑、清澄、魅力的な輝きを秘めた独特の白と黒の絵に、殊にアメリカ人は、「東洋の白」あるいは、「俳句そのもの」などと共感し、『トミオカホワイト』と呼んで親しみました。雪国に生まれた作品は、雪国に還す、という画家の長年の念願がかなって、1990年の初冬、八海山山麓のこの地に開館しました。

雪山を愛していた画伯は、一人冬山に分け入り、車で、雪上車で、ついにはセスナを使って、雪山を捉えようとしたのだそうです。

これは実際にそこへ行き、その場の空気を吸った人でなければ描けない絵だと思いました。冬山に入るだけでも大変なのに(入って帰ってくることだけでもりっぱな「目的」になるのに)、その感動を「絵」として昇華されている画伯は、すごい体力・精神力の持ち主ですよね。

晩年になるにつれて、絵はシンプルになっていきます。本質を見抜く眼力・無駄なものをそぎ落とす潔さが培われていったのでしょうか・・・人間がここまでなれるなんてすごいと思いました。

企画展示、「富士を描くということ~志功・土牛・球子らとともに」は、バラエティに富んだ富士山の絵がたくさんあり、楽しめました(^-^)
「富士山の絵はたくさんあるけれど、作者の主観が入っていて、自然そのものの富士山の絵を写したものはない」というコメントに、なるほど~と思ってしまいました。

富士山
富士雪景B(1978)


"Voices" 
2006.05.27.Sat / 01:43 
moritoさんにいただいた情報です。

われらが(笑)ジョージ・マイケルが、2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会の公式アルバムに参加しているということで。

クレジットを見たら、"Praying for time"みたいなので、ぜんぜん新曲じゃあございませんが、サッカー好きだし、記念に買おうかなっと♪

VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム VOICES~2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会 公式アルバム
オムニバス、イル・ディーヴォ with トニ・ブラクストン 他 (2006/05/24)
BMG JAPAN

この商品の詳細を見る
* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
「ロシアン・ドールズ」 
2006.05.26.Fri / 16:59 
ロシアンドールズ


日経新聞・金曜夕刊の文化面は、私の映画情報入手口の1つなのですが、今日は、「ロシアン・ドールズ」に目が行きました。公式サイトはこちらです。

なぜ目が行ったかというと、「スパニッシュ・アパートメント」の続編だったから。

「スパニッシュ・アパートメント」は、バルセロナを舞台にした青春映画なのですが、その5年後、30歳になった主人公グザヴィエ(ロマン・デュリス)のその後のお話しのようです。前作は、安定した職業を得るための切符として、スペインに留学した主人公、1年間のはちゃめちゃな同居生活で得たものから、安定した生活を捨て、子どもの頃からの夢だった作家を目指すというところで終わっていました。グザヴィエの行く末は気になってたけど、まさか続編を撮っちゃうとは!

今度はロシアでメンバーが再集結だそうですよ。いいじゃん、いいじゃん。
前作が気に入った人たちは、きっとメンバーがどうなったか気になってたと思うし。

グザヴィエたちはロシアン・ドールズ(=マトリョーシカ)の奥底にある一番小さな人形を探し出すように、自分の本当の姿、そして理想的なパートナーを見つけ出そうとする。果たして彼らは最後までたどりつくことができるのだろうか?

舞台がロシアで、そういう内容で、こういうタイトルですか。巧いなぁ。


♪Macの「グラブ」を覚えてから、画像貼るのが楽しくなりました♪


995円です。安いっしょ!(私は抱き合わせキャンペーンで買いました(^_^;))
 ↓
スパニッシュ・アパートメント スパニッシュ・アパートメント
ロマン・デュリス (2005/02/18)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
* テーマ:見たい映画 - ジャンル:映画 *
このところずっと 
2006.05.26.Fri / 12:09 
悶々としていたことがありました。

それは、いつものデザイン事務所から仕事が少しずつ減り、(たぶん)とうとう来なくなっちゃったことです。

ヘマはしたことが無いし、締め切りもちゃんと守っていたし(というか、いつもギリギリの依頼だったので、なるべく早くお願い、と締め切りはあってないようなものでした(^_^;))、それなりによい人間関係は築けていると思っていたので、なぜなぜなぜ??

唯一思いつくことといえば、他にイラストレーターさんが入ったということでしょうか? その方の絵は、生協関係の機関誌の刷り上がりの別のページで何度か目にしていたのですが、水彩タッチで、私のコミックタッチの絵とは競合しない感じでした。ええと、その前に、私がいつもコミックタッチで描いていたのは、「いつもの感じでお願いします」と言われていたからです。もともといらっしゃる、もう1人の(デザイン事務所の)方は、イラストレータ(←ソフトのね)で直書きって感じだったので、その方とかぶらないようにしよう、という思いはありました。

でも、その新しい方の絵は、わたしよりずっと素人っぽい感じで、なんで自分が干されたのかどうしてもわからない。ここで理由がわかれば、次へステップアップするための踏み台になると思い、そこの事務所を紹介してくれた、フリーライターの友だちに聞いてみましたが、「最近は遠ざかってるからわからない」とのお返事。

でもってその友だちには、
>私もあなたも、フリーランスで仕事をしている立場ですよね。
>いつも、仕事を回してくれている会社から、何ヶ月も仕事が来ない。。。。
>なんてのは、もうフリーでやっている以上、日常茶飯事の事ですよ・・・
>私だって、いつもそういう状況で10何年もやってきました。
>今だって同じです。

>自分の仕事の何かが気に入られなくて切られてしまったのか????
>いちいちそんなふうに思っていたら、もう神経参っちゃいますよ。

>次の仕事への何の保証もないフリーランスの仕事は、常に自分との戦いです。
>厳しい事を言わせていただくと、この程度でくじけてしまうなら、
>辞めたほうがいいかも・・・・です。

と一喝されました。厳しいことを言ってくれる友だちって、本当にありがたいなと思いました。(その人は、メールした後で、私がめげて仕事を辞めちゃうんじゃないかと心配していたそうですが、大丈夫、めげませんよ~。私も昔に比べたら図太くなって来ましたんで。)

その後、先方が間違ったのか、故意になのかわかりませんが、送られて来た機関誌の刷り上がりには、そのイラストレーターさんの、コミックタッチの絵が載っていました。
自分の絵は新しいとは思いませんが、その方の絵は、1世代前の絵の感じで、ああそうか、この機関誌の読者層は年齢の高い人が多いんだ、と思い至りました。

言われればどんなタッチの絵でも描きましたが、「これしか描けない」という印象を与えてしまった自分が一番悪いんだ、と。

今回のことで、すごーく勉強になりました。

最初、仕事をもらえたときは、自分が一人前になった気がして、すごくうれしかったんですが、「注文どおりに描くこと」がだんだん苦痛になって来て(初校も再校も見せてもらえないような扱いだったし、こっちのほうがいいです、と説得できるほど自信無かったし)、でも仕事がもらえるだけありがたい、と謙虚な気持ちを心がけていました。でも、仕事はもっとずっとシビア・・・ 生協関係の、主婦でも手に仕事を、と始まった事務所だったのもあり、甘えがあったんだと思います。
今回の悔し涙をバネにがんばるっす!!

* テーマ:ぼやき - ジャンル:ブログ *
ジョージの新曲! 
2006.05.26.Fri / 09:23 
An easier affair


ジョージ・マイケルが、6月26日に(彼のお誕生日の1日後です)ニューシングルをリリースするそうで、彼のオフィシャルサイトで試聴もできました♪(ここのサイト、開けるたびに?違う曲が流れて来て、予期しないやつが流れるとちょっとヤバイですね。今なんて、"Waiting"だし・・・ヤバイよ(T_T) う~ん ジョージすきだぁ~)
ダンサブル&ハッピー・チューンですね(^_^) ビデオも楽しみだぁ~。

イギリスではラジオ番組に、今日の朝から出まくりみたいで、やる気満々なのかな? うれしい限りです。

ヨーロッパのラジオでオンエアされたのを聴き取って、ブログにアップされてる方がいて、すごいなぁ~と思いました。(saraさん、ありがとうございます!!)
* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
サイズモデル 
2006.05.25.Thu / 16:02 
うちの近所の大手アパレルメーカーでは、口コミでサイズモデルを募っています。うちの子たちも、幼稚園の頃、サイズを測りに行ったことがありまして、ほしいサイズじゃなかったからか、大人しくしてないからか(たぶんこっちが理由だと思う(^_^;))、その後は声がかかりませんでした。(Tシャツかなんかもらって帰って来たのでした)

最近、近所の女の子がサイズモデルをやっていて、「ジャケットを作るのに150センチの男の子のサイズモデル」の紹介をお願いされたらしく、「その子と同じくらいの身長」というので、うちの子に「やってくれないかぁ?」と声がかかりました。

電話でメーカーの担当者の方と話したら、ちょっと背が足りない感じだったので、「背の順で並んで、あと1人か2人後ろの子を誘ってもらえませんか?」とお願いされ、塾通いとかであんまり忙しくなさそうな子にお願いして、身長を測りに行ったんだけど、2人ともあと3センチ足りなくて、「147~8センチになったらお願いします」と言われて帰って来ました(^_^;) 「もうちょっと大きい子を紹介してもらえませんか?」と頼まれ、3人ほど当ってみて、1人はOK、1人は返事待ち、1人は「興味ない」って(^_^;)

モデルと言っても、ギャラは現物支給なので、女の子ならいざ知らず、男の子にとっては魅力がないようです。(これがスポーツブランドだったら、喜んで行ってたと思う~。)
卒業式に向けて、ジャケット買わなくてすむのはラッキー♪(おこづかいあげるから、家計に協力してよ、と子どもを説得(^_^;))と思ったのに、アテが外れました。>残念。

しかしっ・・・わざわざ行ったのに、今日はおみやげもなしよ。そのうえ、他の人を紹介してくれっちゅーし。数年前に比べて、世知辛くなってるんだなぁと思いました。

でも、アパレルメーカーの内部に潜入できて、ちょっと楽しかったかも(笑)

帰りのエレベーターで、うちの子の友だちが、「あのおばさん、自分のこと『おねえさん』って言ってたよな」って。ヲイヲイ、他の社員の人が聞いてるよ~(汗)男の子もあんがい厳しいのね。

「身長が147、8センチになったら連絡くださいね」って言われたんですが、子どもが好きなブランドでもないのに、無理してこっちから「モデルに使ってください」なんて連絡しないっすよ~。「背が伸びた頃にこちらから連絡させていただきます」なら、まだよかったんですが・・・ 「ブランド」を鼻にかけてる感じでやだなぁと思いました。実際、年に何回かの「ファミリーセール」に入れてもらうのに、あれこれと画策してる人がいるんだよね(^_^;) 私も「空きがあるから」って入れてもらったことがあるけど、みんなが目の色を変えるほど、魅力的でもなかったです。(高いものは4割引でも高いし・・・(^_^;))そのファミリーセールに行って、買えていちばんうれしかったのは、オリジナルグッズのブロックでした。アパレルメーカーなのに・・・(^_^;)


* テーマ:きょうのできごと - ジャンル:ブログ *
アボカド育ててみませんか? 
2006.05.25.Thu / 13:51 
アボカドの育て方

ちなみにうちのアボカドは、2回冬を越して50cmくらいになってます。
(冬に落葉しても大丈夫でした)
 ↓
アボカド


日本の気候では、実はならないそうです~。あくまでも観葉植物としてかわいがってくださいね♪

* テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用 *
「ナルニア国物語」のDVDが出るって! 
2006.05.25.Thu / 11:58 
7月26日発売だそうです~。どうしようかな~。

初回限定豪華仕様
・プレミアム《衣装だんす》パッケージ
・コンセプトアートポストカード3枚セット
・ナルニア国の地図
・オリジナル・ブックマーク4枚セット
・オリジナル・ブックレット


オマケもたくさんありますね~。

※初回版がなくなりしだい通常版に切り替わります。ご注文はお早めに。

なんて言われると予約しちゃうよね(^_^;)

映画を観た時の感想を見直してみたら、

>アスランがめちゃくちゃかっこよくて存在感がありました。
>オリジナルではリーアム・ニーソンが声をやっているそうで、
>ぜひともDVDを買って観てみたいところです。
>ちなみにキツネの声は、
>ルパート・エヴェレット(「アナザーカントリー」ね(*^o^*))だそうで、
>こちらも気になるところです。

なんて書いてました、じぶん(^_^;) まったく忘れていたので、まじでやばいんじゃないでしょうか(滝汗)

ナルニアDVD

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 / ジョージー・ヘンリー


* テーマ:DVD情報 - ジャンル:映画 *
「サージェント・ペッパー ぼくの友だち」 
2006.05.24.Wed / 15:03 
felix


「ダ・ヴィンチ・コード」は混んでそうだし、「ナイロビの蜂」はヘヴィそうだし、と思い、ハートウォーミングな作品っぽいこれを観て来ました。

「マーサの幸せレシピ」のサンドラ・ネットルベック監督(女性です)作品。ドイツ映画なので、ドイツ語です。

::STORY::

人間になりたくないといつもトラの着ぐるみを着ている6歳のフェリックスは、ある日サージェント・ペッパーという犬に出会う。ペッパーは、亡き飼い主の莫大な遺産と家を相続しているのだが、遺産をもらえなかった娘と息子は共謀してペッパーを亡きものにしようとしていた。フェリックスにはフェリシアという姉がいるのだが、ペッパーの言葉がわかる(大人には聞こえない)2人で力を合わせて、ペッパーを守ろうとする・・・


冒頭で、風変わりな息子に手を焼いたママが(パパはへんてこな発明家で、そうとう風変わりだったりします)、フェリックスをカウンセラーに連れて行くのですが、前にいた患者さんが、「マーサの幸せレシピ」のマーサで、カウンセラーのドクターは「マーサの~」に出ていた人だったりします。こういうリンクの仕方って楽しくていいよね♪

フェリックスはホントにかわいくて、トラの着ぐるみ姿はもちろん、ふつうの姿もかわいくてたまらなかったです(笑)

観終わった後、しあわせな気持ちになれました。
ペッパーがこれがまたじょうずなんだよね。「人間の言葉を話す」と言っても、口を開けてしゃべるわけではなく、テレパシーみたいな感じで、アニメっぽくなくて良いと思いました。

光の使い方が素敵で、家の中、家の外、お屋敷、自然、夜の工場、夜の墓場・・・
ドイツも行ってみたいなぁと思いましたです。

公式サイトは、こちら

 
「マーサの幸せレシピ」、音楽がキース・ジャレットなんですよ~♪ 
わたしはずっと「マーサのすてきレシピ」だと思い込んでいました。「栗原はるみのすてきレシピ」と激しく混同(^_^;) (邦題は、ぜったいそれをもじって付けたんだと思う!!)
 ↓
マーサの幸せレシピ
マーサの幸せレシピ
マルティナ・ゲデック (2003/05/23)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

* テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画 *
Dave Koz " Off the Beaten Path: Live From Trinidad " 
2006.05.23.Tue / 23:30 
Off the Beaten Path: Live From Trinidad / Dave KozDave Koz DVD


Amazonで注文したDVDが届きました。

先日のライヴでの興奮が甦って来ましたよ~(^_^)

トリニダードというのは、カリブ海のリゾート地なのですね。
ときおり挿入されるデイヴのリゾートな映像や、マスカレード(仮面舞踏会)なダンサーたち、スティールパンとのコラボレーションもエキゾチックでいい感じです。

なーんと、デイヴが歌ってるし!!(けっこう上手です)

オマケのPVも楽しめました。

潮風に吹かれながら、デイヴのライヴを楽しめたらいいなぁ~って思いました。
* テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽 *
たくさんの優れたものにふれること 
2006.05.23.Tue / 21:02 
このところずっと、ヒマがあると映画を観に行っています。(実際、ヒマなんですけど(^_^;))ヒマはあってもお金はないので、レディスデー狙いだったり、前売り券を買ったり、行きは電車でも帰りは歩いたり、一食抜いても平気だったり、と、つましくやっています(^_^;)

音楽もほしいCDがあると即買いしてしまいます。服飾費にお金をかけないので(どうでもいい格好をしているわけではないですよ)、それなりに収支のバランスは取れてるんじゃないかと思っています。

いったん優れたものにふれだすと、次から次へと観たい・聴きたいものが出て来てしまって、止まらなくなってしまうのですね。

こんな私も、少し前までは、J-POPアーティストに肩入れしていたし、映画を観るなら、「好きな俳優」で選んでいました。

ばっかり聴き、ばっかり見、だったのです。

それが、好きなアーティストや俳優に近づく術(すべ)だと思っていました。

(うん、でも、J-POPアーティストに関しては、ルーツを探る聴き方もしてました。もともと洋楽志向なので、重なる部分があることがわかるとうれしかったりしてね)

でも、どうでしょう? もし、自分の大好きなアーティストとお話しができる機会を得られたとして、その人の作品をどんなに愛しているかということは伝えられても、それ以上のことが伝えられなかったら、「ありがとう」で終わってしまいますよね。
アーティストはいろんなところでつながっていて、この人ともつながっていたんだ~って、感激するようなことがたくさんあります。(才能が才能を呼ぶんだと思います)
「ファン」は「ファン」でしかなくって、「友だち」にはなれないのです。
大好きなアーティストと「友だち」になりたいと思ったら、自分を切磋琢磨して、魂のレベルを上げるしかないんですよね、きっと。

とりあえずできることと言ったら、優れたものにたくさんふれること、だと思い、できる範囲でやっています。もちろん、自分の創作活動にプラスになることも信じて。(今のところ、アウトプットできていませんが(u_u;))

自分が死ぬまでに、大好きなアーティストと友だちにはなれなかったとしても、人を感動させるような作品は描けなかったとしても、得られたものはほんとうに多いと思うので、自分の人生はしあわせだった、と言えると思います。
* テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ *
" Another day " from "RENT" 
2006.05.23.Tue / 15:28 
"RENT"で、"Seasons of love"の次に好きな歌です。

元人気ロック歌手、恋人をエイズで失ってしまい、自分もHIV+、あとどれくらい生きられるかもわからない、でも永遠に残る曲を書きたいと思いながら、ひきこもっているロジャー。階下に住むストリップ・ダンサーのミミ(実は彼女もHIV+で、麻薬中毒)が彼にモーションをかけて来るのですが、こんな身体ではもう恋なんてできない、と思っているロジャーは彼女を突っぱねます。そんな彼を、ミミや他の仲間たちが、"No day but today"(今日という日はもうないのだから)と励ます歌です。

MIMI
There's only us, only tonight
We must let go to know what's right
No other course, no other way
No day but today

MIMI,ANGEL,COLLINS & MARK
I can't control
My destiny
I trust my soul
My only goal is just to be
There's only now
There's only here
Give in to love
Or live in fear
No other path
No other way

私たち2人きり。今夜しかない。
何が正しいかを知らせなくっちゃ。
他に道はないということを。
今日という日はもうないのだから。

自分の力じゃ運命は変えられない。
自分の心を信じて。
そうなれればしめたもの。
今しかない。
ここしかない。
愛に身を委ねないと
怯えて生きるしか無い。
他に道はないの。


1日1日を大切に生きたいですよね。

とても便利な、歌詞のサイトがありました(^_^)

- - - - - - - -

"Another day"

ROGER
Who do you think you are?
Barging in on me and my guitar?
Little girl - hey, the door is that way
You better go you know
The fire's out anyway
Take your powder - take your candle
Your sweet whisper I just can't handle
Well take your hair in the moonlight
Your brown eyes - goodbye, goodnight
I should tell you I should tell you
I should tell you I should - no!
Another time - another place
Our temperature would climb
There'd be a long embrace
We'd do another dance
It'd be another play
Looking for romance?
Come back another day
Another day

MIMI
The heart may freeze or it can burn
The pain will ease if I can learn
There is no future, there is no past
I live this moment as my last
There's only us, there's only this
Forget regret, or life is yours to miss
No other road, no other way
No day but today

ROGER
Excuse me if I'm off track,
But if you're so wise
Then tell me - why do you need smack?
Take your needle,
Take your fancy prayer
And don't forget
Get the moonlight out of your hair
Long ago - you might've lit up my heart
But the fire's dead - ain't never ever gonna start
Another time - another place
The words would only rhyme
We'd be in outer space
It'd be another song
We'd sing another way
You wanna prove me wrong?
Come back another day
Another day

MIMI
There's only us, only tonight
We must let go to know what's right
No other course, no other way
No day but today

MIMI,ANGEL,COLLINS & MARK
I can't control
My destiny
I trust my soul
My only goal is just to be
There's only now
There's only here
Give in to love
Or live in fear
No other path
No other way

ROGER
Control your temper
She doesn't see
Who says that there's a soul
Just let me be
Who do you think you are
Barging here on my and my guitar
Little girl hey, the door is that way

MIMI
No day but today...

ROGER
The fire's out anyway

MIMI, ANGEL, COLLINS & MARK
No day but today

ROGER
Take your powder, take your candle

MIMI, ANGEL, COLLINS & MARK
No day but today

ROGER
Take your brown eyes, your pretty smile, your silhouette

MIMI, ANGEL, COLLINS & MARK
No day but today

ROGER
Another time, another place,
Another rhyme, a warm embrace

MIMI, ANGEL, COLLINS & MARK
No day but today

ROGER
Another dance, another way
Another chance, another day

MIMI, ANGEL, COLLINS & MARK
No day but today

* テーマ:RENT(レント) - ジャンル:映画 *
マイケル・ブレッカーのこと 
2006.05.23.Tue / 00:25 
デイヴ・コズのサイトを見ていて、マイケル・ブレッカーが、血液の癌(骨髄異型性症候群)で闘病中だということをはじめて知りました。去年の6月に公表されていたそうです。ダメダメなわたし(>_<)

こちらのファンサイトに、病状の経過報告がアップされていましたが、1日でも早く完治されますよう、お祈りしています。

彼に関してはあんまり詳しくないのですが、
このアルバムがすごく好きです。


* テーマ:気になるアーティスト - ジャンル:音楽 *
スペインだより 
2006.05.22.Mon / 16:21 
リンク先のシャケ缶さんがスペイン旅行にでかけているのですが、むこうからまめにブログの更新をしてくださっていて(ノートパソコン持参だそうです)、バルセロナの街並や美術館の写真もたくさんアップしてくれてるので、みなさんにもおすすめしちゃおう♪と思い、記事にしました。

mrtkさんがドイツに短期留学されていたときは、携帯からブログの更新をされていて、すごいなぁ~ 地球って狭くなったんだなぁ~ なんて思ったものですが、パソコンだとどうやって電波を飛ばしてるんだろう?(素朴なギモン(^_^;) AirMacだと、アメリカなら、スタバやマックにあるアクセスポイントからネットができる、ってmoritoさんが言ってたけど・・・)

いいなぁスペイン・・・ 生きてるうちに一度はサグラダ・ファミリアを拝んでみたいものです。

シャケ缶さん、スペインに住む、って言ってたけど、そういう生き方って憧れちゃうなぁ。来世ではそういう生き方がしたいなぁ(笑)

サグラダファミリア
シャケ缶さんの写真をお借りしました(事後承諾でシャケさんごめんなさい)


* テーマ:★★おすすめ♪★★ - ジャンル:ブログ *
iBookでDVD 
2006.05.22.Mon / 13:30 
"RENT"を観に行って感動して、もう1回行こうか、DVDが出るまで待とうか、と悩んでいたところ、そういえばiBookのDVDプレイヤーってリージョンコードの変更ができるやん!ということを思い出しました。
日本のAmazonで検索するも、輸入盤は出ておらず(音楽のDVDはけっこう出てるんですよ)、でもアメリカのAmazonに注文するのは送料が高いよねと思い(後で聞いたら、たったの$9なんですって。ランズエンドとかだと、最低でも$20なのでびっくりしました)、アメリカ在住の(半分うそで、半分ホント)moritoさんにおそるおそるお願いしてみたら、お友だちのジョンさんが買って来てくださって、クリスのライヴの時にいただきました。(なななんとプレゼントしてもらっちゃった)

RENT DVD


今日、iBookに入れてみたら、ぶじ再生できました(^_^)

リージョンコードの変更は4回までしかできないそうなんですが、iBookはリージョン1専用にしちゃえばいいや、って思っています。

アメリカだとDVDが安いのね~。日本が高すぎるのか(^_^;)

映画のDVDは、英語力に難があるので、お気楽には買えませんが、音楽DVDはホイホイと買ってしまいそうで怖いなぁ。

そうか、映画でも、「英語の字幕」をONにすればいいんだ! わ~、すごく勉強になりそう!!
* テーマ:Mac - ジャンル:コンピュータ *
ラッセル・ワトソン 
2006.05.22.Mon / 09:12 
MXTVの「モーニングサプリ」を横目で見ながらメールチェックしていたら、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」(荒川静香さんがオリンピックで金メダルを取った時の曲でっす)が聞こえて来て、その歌声に鳥肌が立ってしまいました。よくよく見ていると、ラッセル・ワトソンというシンガーで、今、来日公演中。明日の東京フォーラムでの最終公演のチケットをプレゼント、というお話でした。コンサートは行けないので、最新ベストアルバム(←ここで試聴もできます)を買ってみようと思いました。クラシックからポップスまで幅広く歌いこなすそうです。

ラッセルワトソンベスト
この顔はかわいく写り過ぎ(^_^;) もちょっと老けてたよ~。


バイオグラフィーを読んでいたら、

1972年11月24日イギリス北西部マンチェスター近郊のサルフォード生まれ。子供の頃は、サッカー好きなごく普通の少年だった。ラッセル曰く、サルフォードの子供は将来「サッカー選手」になるか「ミュージシャン」になるか、はたまた「工場で働くか」という選択肢だったそう。父親が工場で働いていたこともあり、周り(典型的なイギリス労働者階級)からは、ラッセルも将来は工場で働くもの、と思われていたが、エンターテイメントと歌に憧れていたラッセル少年はミュージシャンへの道をあきらめなかった。十代の頃地元ラジオ局のタレント・コンテストで400人の参加者の中を勝ち抜き優勝を飾る。

ということで、映画の「リトルダンサー("Billy Elliot")」を地でいくような話だなあと思いました。




クリス・ボッティのライヴDVDも出るそうで(スティングやバート・バカラックがゲスト出演してるんだって!)、ほしいものがどんどん出て来て困ってしまいます(>_<)

←リンク貼り直しました

* テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽 *
クリス・ボッティのライヴ@ブルーノート東京 
2006.05.21.Sun / 00:12 
Chris Botti
"Thank you Blue Note Tokyo!
best Wishes
Chris Botti"


はぁぁ~(タメイキ)行って参りました。ずっと楽しみにしていたクリスのライヴ。

整理券番号は22番(ちょっと出遅れてしまったので(>_<))、今回はあんまり良い席じゃないかな?と思っていたら、ステージの左端前のテーブルに座れました(^-^) 今回ご一緒していただいたのは、デイヴ・コズの時と同じく、moritoさんとジョンさんという最強(?)メンバー。(サイン会を期待して)持参したCDを、ステージから見えるようにmoritoさんとテーブルの上に並べていたら、お店のお姉さんに、「ライヴ終了後にサイン会がありますので(→この場ではサインを求めないでください)」と言われました(^_^;)(ここで「サインちょーだい」なんて言うわけないじゃんねえ~~)

定刻ちょっとすぎに、クリスご一行が登場。

「うわ~、顔が小さい! 細い!」というのが第一印象(^_^;) ダークグリーン(たぶん)×白のストライプシャツにネイビーブルーのジャケットにジーンズ、と渋く決めていました。

予想通りまったりナンバーで始まりました(曲名は失念(>_<) "To love again"かもしれません)、初めて聴くクリスのトランペットの静謐な生音にうっとり。
2曲目は、"When I fall in love"だ~と思い、うっとりと聴いていたら、ギターのマーク・ホイットフィールドの見せ場となりました。おおおっ、すごくファンキーなギターじゃん!!(真っ赤なギターもかっこいい!) クリスはステージの左袖に下がり、私の左1.5mくらいのところに立っていたので、もうどっきどき。ドラムスのビリー・キルソンがこりゃまたすごい!!と注目しながらも、クリスがトランペットを持ち上げる気配がしたので、はっ!と見たら、「まだ出番じゃないよ~ん」と、にっこりほほえみかけてもらえました~。

そんな感じで、ピアノのビリー・チャイルズやベースのティム・ラフィーバーの見せ場もあり、クリスがステージの左袖に下がり、にっこりしてもらえるたびにどきどきしていた自分でした(^_^;) トランペットを携えたかと思うと「ふっ」と息抜き?をしてたりして、そんななにげない所作を見るのも初めてのことだったので、いちいち感動しちゃいました。
霧笛のような音で余韻を残しながら曲を終わらせるのもすてきだったなぁ~。

でも何がすごかったって、ドラムスがすごかったです。途中でシンバルのネジ?がはずれて飛んじゃったときには、メンバーが「やっちゃったね~」みたいな感じで笑っていましたよ。

「ニュー・シネマ・パラダイス」の中の曲をやってくれたときには、固まってしまいましたよぉ。ピアノも美しくて涙が出そうでした。

デイヴ・コズの時の盛り上げ方と比べると、クリスはシャイなのか、オーディエンスとのからみはなかったんですが、メンバー内のハッピーな空気がすごくよかったです。

ライヴ終了後には、お約束のサイン会があり、なんとメンバー全員が座っていて、全員にサインしてもらっちゃいました(^-^) 

ブルーノートのサイン会って、その場でCD買わなくてもオッケーっていうのがうれしいです。

今回、クリスのMCの時に、お姉さんが「ラストオーダーですが、おかわりいかがですか?」と聞いてきたのが、気が利かないなぁと思いました。MCが聞こえなかったじゃないかぁ~ プンプン

来るときは雨だったのですが(子どもを歯医者に連れて行ってたら、出遅れてしまったので雨の中、雑踏をよけながら走ったので疲れました(>_<))、出るときにはすっかり雨は上がっていました。みんなでご飯を食べて、風に吹かれながらの帰り道は気持ちよかったです。

クリスご一行様、また日本に来てくださいね~

To love again 1

To love again 2
収まり切らずティム(ティモシー)は内面に(^_^;)


追記

ピアノのビリー・チャイルズ、この前のグラミー賞で2つ受賞したという話が出たのですが、
"Into the Light" Best Instrumental Composition from his latest album LYRIC

And Best Arrangement accompanying a vocalist with Chris Botti and Sting.

ということで、後者はクリスの最新アルバム「To love again」の中の" What are you doing the rest of your life ? " のことです。「LYRIC」は Amazonでも扱ってませんでした(>_<) 聴いてみたい・・・

FC2の新しいツールを使って貼付けてみました。便利!
 ↓

* テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽 *
クールクリックス 
2006.05.20.Sat / 12:00 
ラベルライターの「ダイモ」って覚えてますか?
ダイヤルを回して、アルファベットや数字をプラスチックのテープに打ち込んで行くやつ。
「テプラ」などのプリントするタイプのものに駆逐されてしまったかと思いきや、その耐久性からガソリンスタンドなどで重宝されているそうです。
あのアナログな感じって、私はけっこう好きなんですが・・・

でもって、こちらは、文字を打つたびに、マシンがしゃべるんだって(^_^;)
もちろん発音はネイティブ。(テープをカットすると「Ouch!」って痛がるんだって)
子どもがアルファベットや数字を覚えるのによいからと売れているそうです。

どれくらいうるさいのかな? 触ってみたいかも・・・
(うるさかったら電池を抜いちゃえばいいんだよね、きっと)

【Esselte】 エセルテ ダイモクールクリックス【COOLCLICKS】9mm専用

ダイモ、ひさしぶりに使ってみたいなぁ。(ベルギーの会社なんだって。ご存じでした?)

Esselte(エセルテ)DYMO OMEGA(ダイモ オメガ) 

毎度毎度の、日経新聞・土曜版からのネタでした(^_^;)
* テーマ:こんなん見つけました - ジャンル:ブログ *
今日のできごと(その2) 
2006.05.19.Fri / 21:04 
今日行ったダ・ヴィンチ・コード展のことを思い出しながら(たぶん、にやにやしてたと思います)、新宿南口を歩いていたら、向こうから来たおばさんに呼び止められました。
道を聞かれたと思ったら(よく聞かれるので(^_^;))
「あまりにも良いお顔の相をしていらっしゃるので、呼び止めてしまいました」と。

「はい?」(状況が飲み込めず、肌荒れがひどくて、お化粧品のセールスのひとに呼び止められたのかと、思ってしまいました(^_^;))

「今、転換期でいらっしゃるから、これからどんどんよくなっていきますよ~」

(肌荒れのことではなかったのね? ううっ、でも、これって、宗教の勧誘!?)

「そ、そうですか~。このところ、あんまり調子がよくないんですけど~」と、そそくさと、逃げてしまいました。

でもちょっとうれしかったかも・・・

- - - - -

今日は、ヨドバシカメラに、ビデオカメラとiBookをつなぐケーブルを買いに行ったのです。エブリオ付属のUSBケーブルだと、iMovieが使えないので・・・
結局、ハードディスクムービーは、ファイヤワイヤー接続はできないそうで、iMovieは使えません!という結論に達しました。しくしく。

気を取り直して、Win XPでのビデオ編集を勉強しましょう、と(ビデオカメラ付属のソフトでは、Macに取り込みはできても編集ができないのです。4980円だしてソフトをダウンロードしてください、ってさ)、やりはじめたら・・・・・あれ?へんだなぁ?といじっているうちに、まだDVDにうつしていなかった画像を消してしまいました(号泣)

イタイめにあってはじめて学ぶことも多いですよね。しょぼん・・・

* テーマ:きょうのできごと - ジャンル:ブログ *
ブルーノートの携帯ストラップ 
2006.05.19.Fri / 16:53 
ブルーノート東京から、ライヴレポ掲載へのプレゼントが届きました。

strap


先月、デイヴ・コズのライヴに行ったときに、感動した勢いで(笑)ライヴレポートを送ったのはいいけれど、その後サイトを確認したときに自分以外の方2名のレポが載っていたので、てっきり自分のはボツになったと思っていたのです。うれしいなぁ~。
反響が大きかったということで(ほかのアーティストのレポは、あっても1~2通)、デイヴはん、また来日してくれますように。

ケータイの今のストラップははずしたくないので、カメラにつけることにしました。これからの季節にちょうどいい感じですよね。
(ホントは、お店で売っている革製のやつがもらえるんだとばかり思っていました(汗))

さぁ、明日はいよいよクリス・ボッティっすよ~♪♪


* テーマ:きょうのできごと - ジャンル:ブログ *
ダ・ヴィンチ・コード展 
2006.05.19.Fri / 13:53 
映画公開前にと思い(映画の半券があれば300円引きになるそうなんですが、公開後だと混みそうな気がしたので…)、ギリギリでダ・ヴィンチ・コード展に行ってきました。
前売り券が当日券(1500円)の100円引きだけだったようですが、それでもまだ高く、1000円位の価値の展覧会だったかと思いました(^_^;)
リンク先のmrtkさんが「展覧会の外で、展望台に来た人に無料で解放しても良くないですか?」と書かれていたのですが、まさにそんな感じでした(^_^;)(たしか展望台だけでも1500円くらい取ってると思うし・・・)
「映画の宣伝」っていうのは当たり前だとしても、「SONYのハイビジョン技術の宣伝」っぽかったし…(主婦はこういうところでがっちりしてしまうのでした(^_^;))

とはいえ、原寸大の「最期の晩餐」の映像は迫力ありました!

楽しみにしていた撮影小物もいろいろありましたし。クリプテックス(使用後なのでちゃんとヒビがはいってる!)とローズボックス(象嵌細工が美しい!)と鍵(重厚!!)には感激しましたよぉ~! 撮影小物とはいえ、こういう職人芸が光っているものが見られるのは、ほんとにうれしいです♪ (いつか行った「スターウォーズ展」なんて狂喜乱舞の世界でした。「ロード・オブ・ザ・リング展」なんてやってくれないかなぁ~~??)

原作本に写真はちょっとだけ載っていたけれど、教会や修道会の中がよくわかる映像も流れていてうれしかったです(^-^) まぁ映画を観ればわかることなんですが、登場人物の目線とはまた違いますもんね。

パソコンでのクリプテップス暗号解読ゲームもあり(1問しかないんだけど・・・原作に出てきたやつだし)、なんだかんだ言って楽しめました。

カンヌ映画祭のプレス向け上映では失笑を買っていたという話ですが、なにはともあれ、公開が楽しみでーす。

ダ・ヴィンチ・コード展の公式サイトはこちらです。


この夏には、ピクサー展があるそうで、前売り券を買って帰りました♪ わくわく 「カーズ」も楽しみ!!



Birthday cake 
2006.05.18.Thu / 14:12 
Birthday cake


結局、次男が「ふつうの白いやつでいいや」と言うので、雨の中とぼとぼとルピシアに買いに行って来ました。ついでにランチもして来ちゃった♪ 日替わり4種の中から、あさりの塩味のスパゲティにしました。(デザートはパスしました(^_^;)) ここはお水の代わりにお茶がポットサービスで出るのも楽しみの一つです。お茶も4種類くらいから選べるんですよ。

しかし・・・はたしてこの雨の中、お友だちは来てくれるんだろうか? 急な話だし、みんな習い事で忙しいもんなぁ。先月、そんな感じでお友だちに呼ばれて行ったんだけど、2人しか来れなかったんだって(^_^;) 「わざわざ」お誕生会、っていうと、お互いに大変なので、手ぶらで来てもらって、バースディケーキを一緒に食べる会、というのがいつの間にか浸透しています。女の子は、ちゃんとした「お誕生会」をやってるようですが(^_^;) 

- - - - -

けっきょく、来られたのは2人だけでした。1人は、やっぱり習い事があって、あわてて帰っちゃったし・・・ でも来てくれて、わたしもうれしかったです♪

ろうそくに火をつけだしたら、みんなで「もーえろよもえろーよー」と(キャンプファイヤーの定番の歌ね(^_^;))歌いだしたのには笑えました。

cake

スポンジの上にラズベリージャムが塗ってあっておいしかったです



* テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ *

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /