ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2009年11月の記事一覧
≪10month
This 2009.11 Month All
12month≫
"THIS IS IT"DVD予約開始 
2009.11.30.Mon / 14:50 
今日から予約が始まったそうです。
自分のまわりでも局地的に盛り上がっています(笑)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


買うならDVD2枚組かなと思っていますが、
特製ブックレットが付いたブルーレイも捨てがたい。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]マイケル・ジャクソン THIS IS IT(特製ブックレット付き) [Blu-ray]
(2010/01/27)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


でも家にはハードがなかったりします(滝汗)

それ以前に、テレビがまだブラウン管なのですよ(苦笑)

限定1万セットのメモリアルBOXも出るそうなんですが
タワレコじゃあもう売り切れなんだって。
Amazonじゃあ予約受け付けてないし。

1万って少なくないかい?
これで横流しして儲けようとする人とかいたら怒るよ!


劇場で観られなかった人もたくさんいらっしゃると思うので
こんな早いタイミングでのリリースはありがたいですね。

洋画もこれくらい早くDVDをリリースしてくれればいいのになー。
というか、公開をもっと早くしてほしいなぁ。
(ものによっては、「世界最速公開」とか「世界同時公開」とか
やってるわけだから、物理的に無理ってことはないんだもんね)

<追記>
Amazonかセブンアンドワイのどっちで買おうかと迷ってたら
HMVだとバックステージパスのレプリカがもらえるというので
そっちで予約しちゃいました(笑)

http://www.hmv.co.jp/news/article/911170119/?site=mailmag

ちょなみにHMVもBOX予約は終了だって。

<追記の追記>
ショートフィルム「スリラー」「スムーズクリミナル」は
ブルーレイのみの特典映像だと知り、がっかりしています。

DVDが出たら完全版を特典映像に入れてもらえるんだろうなと
楽しみにしていたのに・・・

ソニーだからしょうがないですかね~
(これを機にブルーレイレコーダーを普及させようと!)

子どもにねだられても無視していたプレステ3に
ちょっと心が揺らいでます(汗)

(HDDレコーダーは去年買い換えたばかりなので。)
スポンサーサイト
* テーマ:マイケルジャクソン - ジャンル:映画 *
GM"December Song" 
2009.11.30.Mon / 09:07 
ジョージくんの"December Song"のビデオが公開されてました。

http://qashqaisland.co.uk/?utm_source=Publicaster&utm_medium=email&utm_campaign=EMLGMIOS_dec_song_premiere_20091127#/home

左側の赤字の"SEE VIDEO HERE FIRST"をクリックしてくださいね。

ファンタスティックでハートウォーミングなビデオですよね^^

Amazonでジャケット写真もアップされてよかったです。

December SongDecember Song
(2009/12/15)
George Michael

商品詳細を見る


詳細はわかりませんが、値段からみて
これは2曲しか入ってないやつ(Digital 2-track bundle)かな~

ほかに
・Digital 4-track maxi bundle
・Christmas Card Edition CD
というのが出るそうなのですよ。

Digital 2-track bundle
1. December Song (I Dreamed of Christmas)
2. Jingle (A Musical Interlewd)

Digital 4-track maxi bundle
1. December Song (I Dreamed of Christmas)
2. Jingle (A Musical Interlewd)
3. Edith & The King Pin (live at Abbey Road)
4. Praying For Time (live at Abbey Road)

クリスマスカードエディションがほしいなー。
HMVあたりの店舗に入荷するかなぁ??



* テーマ:お気に入りの曲♪ - ジャンル:音楽 *
「春」じゃなくて「行進曲」でもない「MARCH」 
2009.11.28.Sat / 15:03 
高校の説明会に行って、大学進学の話のところで
初めて聞いた「MARCH」(もしくは「GMARCH」)ということば。

G 学習院
M 明治
A 青学
R 立教
C 中央
H 法政

と、早慶上智に次ぐ名門難関私大として
うまいこと?頭文字を並べてるみたいです。

自分は名古屋出身で、東の方は行くつもりがなかったので
GMARCHってくくりは全然知らなかったんだけど
(個々の大学のことは知っていましたよ)、
昔からあったのかな?

西の方では、「関関同立」っていうのがあったけど。

関西
関西学院
同志社
立命館

の4つですね。
(実は「関関」のところは、今調べて知りました^^;)

それにしても、高校受験も終わってないのに
(志望校を決めるだけでも大変なのに)
大学受験の話ですもんね。ふぅー。

今日説明会に行った私立高校は
4年制大学現役合格率の高さをアピールしてたけど
一番いい大学でもそこ(国立だけど)ですか、みたいな感じだったので
(某H高校は現役合格率が6割くらいだったんだけど
残りの4割の子たちは、浪人してでもT大とかK大を目指すんでしょうね)
どうなんかなー?と思ってしまいました。

一浪して国公立に入れば、現役で私立に行くよりは安いんだろうなぁ?

幼稚園以外、公立で来たので、高校・大学も公立で行ってくれたら
親孝行なんだけど、自分の「やりたいこと」を見つけられることが一番ですよね!



* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
表参道のイルミネーション 
2009.11.27.Fri / 18:58 
11年間(そんなになりますか!)休止されていた表参道のイルミネーションが
今年復活するそうです。

http://www.omotesando.or.jp/bellsymphony/

大切なけやき並木に負担をかけるってことで休止されたんだっけな?
(あと、お行儀の悪い人たちがたくさん来るから?)

LEDさまさまですね。

子どもが小さい頃は、点灯式とか見に行ったものですが
もう行かないだろうな(汗)

また写真でも撮れたらアップしたいと思います。
(平禄寿司のそばの歩道橋の上がナイスですよ)

恵比寿ガーデンプレイスのバカラシャンデリアも観に行かなくては!!

http://gardenplace.jp/sp/baccarat.html

景気が悪くても、こういうイベントをやってもらえると
元気をもらえる気がしますよね。


* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
"THIS IS IT"2回め 
2009.11.26.Thu / 11:32 
上映が2週間延長され(もう明日で終わりなんですね)
やっぱりもう1回観ておこうと決めたのが先週の後半のことで
レディスデーに行くつもり、とmixiでつぶやいたら
マイミクさんに、予約必至ですよ!と言われまして
行くつもりだったところ(新宿ピカデリー)がオンライン予約が可能なところだったので
チケットを予約しました。

そして昨日行ってみたら、フロアが女性であふれかえっていてびっくり!!

さすがレディスデー@新宿!!

さらにびっくりしたのは、"THIS IS IT"はすべての回が完売だったのです!
(私が予約したのは第2回だったので、昼前の時点で、です)

シアター1でしたので、一番大きいシアターだったんじゃないかしら?

1回めの時のようにいきなり涙が出ることはありませんでしたが
"Human Nature"、"I'll be there"、"I just can't stop lovin' you"、"Earth song"あたりで涙涙涙。

あらためて、ライヴ本番を本当に観たかったと思いました。

マイケルからのメッセージ
HEAL THE WORLD
映画を観た本当にたくさんの人たちひとりずつが
ほんの少しでもそうしようと心がければ、
地球はもっとよくなっていくはずですよね。


DVDは1月下旬発売だと、SMAP X SMAPで言ってたそうですが
まだ予約を受け付けていませんね。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT [DVD]

カスタマーレビューが参考になるかと思い、リンクを貼っておきまーす。

DVDが出たら、マイケルファンの友だちたちと一緒に
手拍子したり、コーラスを歌いながら観たいな~(笑)



* テーマ:マイケルジャクソン - ジャンル:映画 *
Carole King & James Taylor来日! 
2009.11.24.Tue / 19:32 
UDOさんから先行予約のお知らせが来ました。

来年の4月14日と16日@武道館です。

詳しくは↓
http://udo.jp/Artist/CaroleKingJamesTaylor/

行きたいっ!!

でも、まったく予定がわからない!!
(長男の進学先がわからないので~~)

どうしようかなーーーー。

って、15000円かい!!
高すぎだー!!
国際フォーラムならまだしも、武道館でしょ!!
(音響は期待できないという意味で)

世代ど真ん中のお客さんに教えてあげなくっちゃ!!と思ってバイトに行ったら
すでにご存じで、行かれる気満々でした^^
これ↓を生で聴いたら、涙ちょちょ切れだよね、っておっしゃってました。

永遠の名曲ですよね!


<追記>
世代ど真ん中の友だちに聞いてみたら、「どっちかだけでも行きたいのに
2人も来るなんて、行く行く!」と言うので、一緒に行くことになりました。
楽しみです!!



* テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽 *
図書館で借りた本 
2009.11.22.Sun / 23:27 
予約していたこちらの本が届いたので、図書館に行ってきました。

フリーポアラテアートフリーポアラテアート
(2009/07)
澤田 洋史

商品詳細を見る


洋書みたいな体裁ですが、和書です。

昨年、シアトルで開催された『フリーポアラテアート ワールドチャンピオン2008』で、アジア人初として優勝したラテアーティストの澤田洋史さんの本。

ラテアートのテクニックもすごいですが
基本原理とかの詳しい説明に、思わず「ほー」と。
自分がいちばんてこずっているミルクのフォーミングに関しては
やっぱり「習うより慣れろ」なのかなーと思いましたが、
ミルクを注ぐときのイメージトレーニングに役立ちそうです。

個人的には、シアトルあたりのバリスタさんたちのファッションが興味深かったです。
けっこうヒップホップな感じなんですかねー。
タトゥを入れてる人もいちゃったりして。
一度遊びに行ってみたいと思いました。もちろんイタリアにもですが!!

あと、報道写真の特集コーナーがあって、
いつぞや東京都写真美術館で生写真を観たこちらの本も借りてしまいました。

NEW YORK SEPTEMBER 11 ― ニューヨーク セプテンバー 11NEW YORK SEPTEMBER 11 ― ニューヨーク セプテンバー 11
(2001/12/18)
デイヴィッド・ハルバースタム

商品詳細を見る


過去記事↓
http://chobisgarden.blog60.fc2.com/blog-entry-419.html

そのコーナーにロバート・キャパのこちらの本もあったのですが

ロバート・キャパ―ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパロバート・キャパ―ちょっとピンぼけ 文豪にもなったキャパ
(2002/02)
ロバート キャパマグナムフォト東京支社

商品詳細を見る


いっぺんに借りるとヒンシュクかな?と思いやめました^^;


* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
George Michael "December song" 
2009.11.21.Sat / 23:42 
ジョージが去年のクリスマスシーズンにWEB上で発表した"December song"
(期間限定のフリーダウンロードだったかと)今年の12月13日に発売されるようですね。

こんなかわいらしいアニメーションがついたようです。

December song




オフィシャルビデオではないですが、こんなすてきな歌です。



Written by George Michael & David Austin:

Merry Christmas
Merry Christmas
May your every New Year dream come true

Sweet December song
The melody that saved me
On those less than silent nights
When snow would fall upon my bed
White sugar from Jesus
And take me to the day
She could always smile
The Virgin Child would always show, you see
Just to save me
(Just to save me)

There was always Christmas time
To wipe the year away
I guess that Mum and Dad decided
That the war would have to wait

There was always Christmas time
Jesus came to stay
I could believe in peace on Earth
And I could watch TV all day
So I dreamed of Christmas

Maybe since youve gone
I went a little crazy
God knows they can see (the child)
But the snow that falls upon my bed
That loving I needed
Falls every single day
For each and every child
The Virgin smiles for all to see
But you kept her from me

There was always Christmas time
To wipe the year away
I guess that Mum and Dad decided
That the war would have to wait

There was always Christmas time
Jesus came to stay
I could believe in peace on Earth
And I could watch TV all day
And so I dreamed of Christmas
Yes, I dreamed like you

Merry Christmas
Merry Christmas
May your every New Year dream come true



CDについて、詳しい情報はわからず・・・

December SongDecember Song
(2009/12/15)
George Michael

商品詳細を見る


とりあえず予約しますかね。

あ、でも、送料無料にするために、なにかと抱き合わせにしないとね(笑)

* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
MJ "THIS IS IT" 
2009.11.20.Fri / 19:35 
公開が2週間延びたものの、27日まで、ということで
やっぱりもう1回、大きなスクリーンで観ておこうと思いました。

DVDは買うつもりです。
予約も受け付けていないのに、カスタマーレビューがアップされていますね。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT [DVD]

来週の水曜日のレディスデーに行こうと、悠長に構えていたら
マイミクさんに「オンライン予約必至ですよ!」と言われ、
行くつもりの映画館のサイトを見てみたら、
19時の回は売り切れでした!!びっくり!!

自分が行くつもりだった回は「余裕あり」だったのですが
自分が好きな最後列はけっこう埋まっていて、
真ん中寄りに1席だけぽっかり空いていたので、予約を入れました。

マイケルファンは、真ん中あたりの音響が良い席で観たいか、
最後列でしっぽり観たいかかと思いますので、
横並びの方々と感動をシェアできたらいいなーと思っています。

ほんとは、川崎のIMAXまで行きたかったんですが、ちょっと遠くて(;_;)


* テーマ:映画 - ジャンル:映画 *
Larry Graham, Brian Culbertson & The Funk All-Stars Live in Osaka, Japan 
2009.11.20.Fri / 08:54 
10月頭にあったビルボードライヴ大阪でのライヴの模様が
YouTubeにアップされていました。
(ブライアンの事務所サイドからの投稿かと)



http://www.youtube.com/watch?v=ehwqGxEAuFs

ブライアンのTwitterで先ほど知ったのですが
フォローするようになってぜつみょうなタイミングでのツィートだったので
うれしいでーす^^


* テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽 *
長沢節(ながさわせつ)さん 
2009.11.17.Tue / 22:52 
日経新聞朝刊文化面の連載コラムに「少女雑誌の衝撃十選」というのがあったのですが
最終回は、セツ・モードセミナーの主宰者・長沢節さんでした。

セツ・モードセミナーは、敬愛するペーター佐藤さんがいらっしゃったことは知っているのですが
花井幸子さん、金子功さん、川久保玲さん、上田三根子さんもいらっしゃったのですね。
すごいなー。

それで、長沢さんのデビュー作は少女雑誌「新女苑」の挿絵だったそうで('38年)、
あの正統派美少女画の、中原淳一さんの紹介だったそうです。
(当時、絵を描いて確実な収入が得られる仕事といえば
雑誌の挿絵ぐらいだったそうな。)

戦前の少女たちは、少女雑誌でふんわりとした長沢さんのイラストを見て
「おしゃれだなー」と思ったのではないかしら。
(「森ガール」の原点はこのあたりに?(笑))

中原さんのイラストも、シャープな感じで素敵ですけどね。

おしゃれの絵本―中原淳一ファッションブックおしゃれの絵本―中原淳一ファッションブック
(2003/02)
中原 淳一ピーコ

商品詳細を見る


長沢さんのことをもっと知りたいと思い、
こちらの本を(中古で>スミマセン)オーダーしてみました。
届くのが楽しみです。

長沢節 伝説のファッション・イラストレーター (シリーズらんぷの本)長沢節 伝説のファッション・イラストレーター (シリーズらんぷの本)
(2004/04/07)
内田 静枝

商品詳細を見る


* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
さし絵ライター通信教育講座 
2009.11.17.Tue / 20:08 
某生協の共同購入のチラシに、オススメの通信教育講座というのが入っていたのですが

>さし絵ライター
>雑誌や広告など印刷物に欠かせない「さし絵」
>小さな作品1点でも数千円と、高収入に結びつく在宅ワークとして人気です。
>即戦力の描き手が不足ぎみの今が習得のチャンス!
>受講期間8ヵ月、71400円

とゆーのを見て、大嘘つき!と思ってしまいました。

私は時々、さし絵のアルバイトをしていますが、
デザイン事務所の方が、イラストのトーンを手描きのもので統一したくても、
「予算がないから」と、既存のカット集からイラストを持ってきて(泣く泣く)すますという場面に
あったことがあります。
あと写真で埋めたりね。
人材不足なんてウソですよ。

ただ、

>修了後は就業指導も実施

と書いてあったので、それなりにコネクションはあるのかもしれませんね?

でも、

>現役さし絵ライターが丁寧に個別指導

と書いてあったので、現役ライターの仕事が少ないから副業でやってる、とも読めますよね(汗)

つーか、「さし絵ライター」なんて仕事、ないんじゃないですか~。
「イラストレーター」がさし絵も描くのですよ。

デジタル化に対応してなさそうな感じ
(フォトショップとかイラストレーターの使い方を教えてもらえる感じでもなさそう)
ですし…

7万円って大きいですよね。

人の夢を逆手にとって儲けてる感じがしちゃうんですけど・・・



* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
リージョンフリーのDVDプレイヤー 
2009.11.16.Mon / 10:16 
先日、Amazonでオーダーしたのが届きました。

子どもが「Weeだって(笑)」と笑っていました。
(ニンテンドーのWiiをもじってつけたんだよね、きっと^^;)

WeeミニDVDプレーヤーMDVD-MNW(ホワイト)WeeミニDVDプレーヤーMDVD-MNW(ホワイト)
()
MX

商品詳細を見る


リモコンは、カスタマーレビューで指摘されてるようにたしかに安っぽいんだけど、
本体は値段の割には安っぽくなくてよかったです。
(ただトレイの薄さが気になりますが)

さっそくテレビにつないで、リージョン1のDVDを再生してみたら
おー!ちゃんと映った!!

やっぱりパソコンで見るよりテレビで観る方がいいなー、と思った次第。

無料保証期間が6か月しかないのですが
1年くらい経ったら壊れるのかなぁ^^;

まぁリージョン1のDVDのコレクションは数も少ないですし。
たまに観る分には大丈夫かな。

これでリージョンを気にせずに輸入盤をオーダーすることができるようになってうれしいです。

日本盤高すぎ!だよね。



* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
ロイヒつぼ膏(ろいひつぼこう) 
2009.11.15.Sun / 14:39 
お客さんに薦められ、マツモトキヨシで見かけたので買ってみたのですが
うん、なんか効くような気がします~。

ピップエレキバンに磁石がなくて、粘着面に温感貼り薬の成分が
染み込ませてあるって感じです。

ロイヒツボ膏 156枚  (医薬品)ロイヒツボ膏 156枚 (医薬品)
(2002/11/05)
ロイヒ

商品詳細を見る


レトロなパッケージがキッチュでいいなあと(笑)

Amazonで医薬品も扱うようになったのですね。
(まぁ代理店みたいな感じかと思いますが)



* テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ *
Aleksander With 
2009.11.14.Sat / 17:59 
mixi radioを聴きながらPCをやっていると
彼の歌声にたいてい耳が止まってしまうので、CDを買ってみました。

カミング・ホーム(3ヶ月間限定スペシャル・プライス)カミング・ホーム(3ヶ月間限定スペシャル・プライス)
(2007/07/04)
アレクサンダー・ウィズ

商品詳細を見る


マーケットプレイスで、新品でも200円(にひゃくえんですよ)以下なので
かわいそうになってしまいました。

"The Other Side"
http://www.youtube.com/watch?v=59PT58ZZBVs

ノルウェイのシンガー&ソングライター(ピアノ弾き語り)
まだ22,3才みたいですが、若いのにすごいなあ。

まださらっとしか聴いてませんが、
派手さはないけれど、静かに心に響いてくる感じで、
ジェイムス・ブラントやベン・イェーレンが好きな人
(すいません、自分の趣味です(汗))には
気に入ってもらえるんじゃないかなー?

All the Lost SoulsAll the Lost Souls
(2007/09/18)
James Blunt

商品詳細を見る


Give It All AwayGive It All Away
(2004/04/12)
Ben Jelen

商品詳細を見る


* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
ジョージもライヴDVD出ます! 
2009.11.13.Fri / 20:07 
ジョージくん、キャリアは長いけど、実ははじめてのライヴ映像作品だそうです。
(いろいろ観てるので、そう言われて、そうだなーと思った次第^^;)

Live in London (2pc) [DVD] [Import]Live in London (2pc) [DVD] [Import]
(2009/12/08)
George Michael

商品詳細を見る


「リージョン1」って書いてありますが、HMVのサイトで見たら、リージョンフリーみたいです。
こっちはちゃんと画像もあるし。Amazon、ジョージにつめたいぞー。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/3706702

(FC2ブログでは、HMVの画像リンクが貼れないのです)

ジョージからのクリスマスプレゼントですね^^

貼り付ける動画を探していたら、こんなんあったっけなー?というのが出てきました。
BBCのラジオに出たんでしたっけ??



この動画を作った人は、ほんとにジョージのことを愛してるんだろうな。

<追記>
Amazonでオーダーしてから心配になっちゃったのは、
HMVで売ってるのはUK盤で、リージョンコードがオールなのかしら?と。

あわてて確認してみたら、HMVの商品説明に、「発売国USA」とあり
安心しました。

リージョンフリーのプレイヤーがあればいいんだろうなーと探してみたら
こんなのがあって、安くてびっくりしました!!

WeeミニDVDプレーヤーMDVD-MNW(ホワイト)WeeミニDVDプレーヤーMDVD-MNW(ホワイト)
()
MX

商品詳細を見る


これ買ったら、リージョン1用プレイヤーにしていたiBookを修理する必要もないなぁ~。
(と、また悩む。)



* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
Brian Culbertson "A Soulful Christmas" 
2009.11.12.Thu / 19:01 
今日の東京は寒くて空もどんよりしていたので
この前届いたばかりのブライアンのホリデーアルバムを聴いていました。

A Soulful ChristmasA Soulful Christmas
(2006/10/31)
Brian Culbertson

商品詳細を見る


このジャケット写真は、何度見てもよくないなー(汗)
なんか妖怪っぽいんだもん(滝汗)
(実物はかっこいい(というか、かわいい)のを知っているだけに。)

ブライアンのライヴに一緒に行ったDさんが
「なかなかいいんですよ、これが」とおっしゃってたんですが
たしかにメンツがすごいねー。

マイケル・マクドナルドまで参加してるし!
彼一人で充分Soulfulな雰囲気を醸し出しております。

私はSoulfulっていうより、Romanticな印象が先に立っちゃいました。

狙ってやってるっぽいけど?ブライアンのロマンティシズムにも
たまらないものがありますね(笑)
キーボードはスタッカートの効いた生きのいい音なイメージだけど
(メロウな音の時もありますが)
ピアノは、甘くとろけるような音かなー。

1曲ヴォーカルで参加してるミシェル・カルバートソンというのは
奥さんなのかな?
(ライヴDVDの最初にブライアンと一緒に映ってた人かな?
クレジットのThanksの最初に出てたので気になってました。
ママかな?とか(笑))
声楽をやってる人なのかな?
美しくてイノセントな感じのヴォーカルでうっとりしてしまいました^^


クリスマスの前に年賀状だなー。

去年は色つきの「いろどり年賀状」を買ったけど、今年は白にしようと思っています。
自分用のは「くまのプーさん」にしようかしらん(笑)


* テーマ:SMOOTH JAZZ - ジャンル:音楽 *
Afternoon Tea @ Park Hyatt Tokyo 
2009.11.11.Wed / 19:04 
ひさしぶりに(実はセレブな)友だちとお茶をすることになったのですが
場所と時間を決めてもらったら、
「新宿のパークハイアットホテルでアフタヌーンティしましょう♪」
というので、はいはい、と出かけて行きました。

今日は雨だし、ハンターブーツを履いてうきうきと出かけたのですが
パークハイアットって入ったことがなくて
(コンランショップにいつか行こう行こうと思っていたのですが)
カジュアルなところだと思っていたら、ホテルはなにやら格式が高くて
もっとおしゃれして来るところだったのね、と到着してから
後悔しました^^;

でも、高そうなホテルでも、外国人宿泊客とかはカジュアルなかっこうしてるから
けっこう平気なんだけどね。

いや、その前に、新宿西口で待ち合わせした友だちに
「3500円なんだけど・・・」と言われ
「ええっ!」とびっくりしてしまったのですが
(2000円まではいかないだろうと思ってました)
今日を逃したら行く機会は絶対ないだろうと思ったのでした。

そしてでてきた憧れの3段皿。(これは2人前)

1111-1

お茶(お茶以外も)は飲み放題ということで、紅茶のオリジナルブレンド
ダージリン(マーガレットホープ農園)
ダージリン(キャッスルトン農園)
(いずれも夏摘みかな?ぼんやりとしか見なかったので・・・
一時期紅茶にはまっていたのですが、これらの農園(インド)は有名なんですよ。)
ストレートグリーンティ
と頼みました(いずれもポットサービス)

1杯1200円~なので、十分もとはとりました^^;

三段皿が空になったら、プチスイーツ4種や、フィンガーフード4種
(しょっぱい系・ペンネのオリーヴペースト和えや、キノコのマリネとか)を
お盆に載せて、ころ合いを計らって持ってきてくれるので
あれこれ選び(断ってもOK)、バータイムが始まる5時半まで
延々といられるそうです。

夕飯の準備があるので4時半には帰りましたが・・・

あまり景色が良くない窓側でしたが、それでも高いところから
地上を眺めるのは気持ちがいいものですね。

ひさしぶりにゆったりできました。

1111-3

初台のオペラシティ
1111-5

1111-2

夜景も奇麗でしょうね。

天気が悪かったので、ふだんは考えられないほど空いてたそうです。
私たちより先にきて、水だけで4時すぎまで粘ってたおばちゃん2人組がいました^^;

<追記>
友だちが頼んだカプチーノは、もこもこ(ココアパウダーがかかってたけど)だったので残念でした。
ラテアートって、ほんとに上級テクなのですね。

* テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ *
Brian Culbertson "Live from the Inside" 
2009.11.11.Wed / 10:54 
リリースされることを知ってから発売が待ち遠しかったブライアンのライヴDVD、
リージョンコードが不明だったけど、まあなんとかなるでしょうと
Amazonでオーダーしたのが昨日届きました。

Live from the InsideLive from the Inside
(2009/11/10)
Brian Culbertson

商品詳細を見る


早速確認してみたらリージョンフリーでよかったです。

キャピトルレコードの中のスタジオでのライヴセッションの映像と、
ドキュメンタリー映像(ブライアンや仲間達のインタビュー、リハーサル風景、
ブライアンの足跡を辿る旅(生家や高校まで!)等々)が交互に入っています。

まず思ったのは、カメラワークがかっこいいなあということで、何台のカメラで
撮ってるんだろ?とか、2テイクは撮って、うまくつないでるのかな?とか
(編集も巧いんですわ)と、光の映り込みもいい感じで、
ディレクターと編集はJoey Castroという方だそうです。(データわからず)

ライヴはもちろんファンキーでかっこいい!!

テレビに向かって思わず拍手!
&無意識に踊ってたりして、こんな姿は子どもには見せられませんぜ(滝汗)

Let's groove!!

ライヴはとにかく観てください、って感じですよん。

いろんなサクソフォニスト(Michael Lington, Eric Darius, Eric Marienthal,
Marqueal Jordan, Dave Koz!!)をフィーチャーしてるのも見所のひとつです。

ラストの"Get it on"で、ブライアンのトロンボーン、ブライアンパパのトランペット、
デイヴのテナーサックスの掛け合いが最高にカッコよかったなー。

「本番の日はさ、みんな黒っぽいシャツ着てくるってのはどう?」
「おー、いいね! 了解、了解」って感じだったんだと思うんだけど、
それぞれ個性が出ていて楽しいです^^
(エリック・マリエンサルはやっぱり?ジャケット着てたし)

英語力がたりないので、全部聞き取れないんだけど(とほほ)
繰り返し観てなんとかせねば(汗)

クレジットの最後に、今回のプロジェクトは、長年サポートしてくれてるファンのために
立ち上げた、みたいなメッセージが出てきたので、
ちょっとぐっときてしまいました。いいひとやね。








* テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽 *
三浦しをん「神去(かむさり)なあなあ日常」 
2009.11.10.Tue / 10:31 
友だちが「おもしろかったから」と、くれた本です。
(「貸してくれた」ではなく「くれた」のは、「これ以上蔵書を増やしたくないから」って^^;
今までにも何冊かもらっています。「売っていいよ」って言うんだけど、
せっかくいただいた本、売れないです^^;)

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る


美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。しかも村には秘密があって…!?
林業っておもしれ~!高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。


三浦しをんさんの作品は初めてでしたが、たいへんおもしろく読ませていただきました。

人物描写がお上手で、キャラが立ってましたね。
林業についても詳しく書かれていて、大変そうだけど確かにおもしろそう。
山の中の過疎の村で、最初は「よそ者」だった勇気が
だんだん村人に溶け込んでいくくだりもよかったです。

おーし!俺も林業をやるぞ!って若者が続出したらいいですねえ。

友だちの話では、宮崎駿監督がぜひアニメ化したい、とおっしゃってたそうで
「読めばわかるよ」って言うんだけど、たしかに!ぴったり!!
クライマックスシーンなんて、「千と千尋」を思い出しちゃいました。

監督の好きそうなおばあちゃんも出てくるし(笑)

でも山の中の話なので、美術さんが大変そう・・・

* テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学 *
サウンドトラックじゃないのになあ 
2009.11.09.Mon / 19:43 
生協の共同購入のチラシに、MJの"THIS IS IT"が出ていて
うれしーなーと思ったのですが、
「"THIS IS IT"のサウンドトラック」「新曲収録」と書いてあったので
買った人からクレームが来るんじゃないかと心配になってしまいました。

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)
(2009/10/28)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


自分も買おうかと思い、カスタマーレビューで「サウンドトラックではない」ことを知り
買うのをやめたのですが、コンサートでやるはずだったセットリスト順に歌を並べた
要はMJのベスト盤なんですよね。

"THIS IS IT"は「新曲」というよりも、彼の若いころの「未発表テイク」に
オーケストラやコーラスをつけたものなんですが、
亡くなる直前に録った歌、みたいなイメージを受けますよね。

生協のチラシを見て買うような人は、今回の騒ぎで彼に興味を持った人かな?と思うし
ベスト盤も持ってないでしょうから大丈夫かな?と思いつつ、
生協の商品説明ってけっこういいかげんなんだなーと思った次第です。



* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
「洋もの」が売れない 
2009.11.09.Mon / 11:26 
土曜日の日経新聞朝刊の文化面に、そんな記事が載っていました。

日本の音楽・映画史上は「邦高洋低」が鮮明だ。
若者を中心に「あこがれの対象」よりも「身近なもの」を求める傾向が強まっているの一因。

とか。

で、活路を求めて、「和製洋楽」に力を入れ始めたレーベルもあるんだとか。



これってうけるんだろうか(滝汗)

申し訳ないですが、ジャニーズにはかなわないんでないかい?
日本のアイドルと同等の親近感をアピールするべくプロモーション活動をやってるそうですが。

若者の洋楽離れ・・・・

ラップやヒップホップといった米国発の音楽が、以前のロックやジャズほど普遍性を持ちえていない、のが一因(経済産業省「音楽産業のビジネスモデル研究会」)

かつては音楽雑誌やレコードの解説など情報源が限られていた分、若者は洋楽へのあこがれや関心を募らせた。ネットですぐ情報を得られる今の若者は、その興味を失っている」(ソニーミュージックジャパンインターナショナル制作2部部長)


「洋もの」離れは映画でも進んでいるそうです。

海外の文化に過度なあこがれを抱かず、信棒もしない。
「洋もの」コンプレックスを持たない若者の志向は
「よく解釈すれば足るを知る。僕らの世代より人間ができている。
日本を発展させたのは身の丈を知らない欲求だったのも事実。
外に目を向けない保守化した世代の登場は、将来に希望が持てない閉塞した社会の表れでもあり、この先わくわくするような文化が生まれるかはわからない」(写真家の藤原新也氏)


藤原新也氏にご意見を求めたところで、おー!と思ってしまったのですが(笑)

今の若い人たちは、子どものころから英語に慣れ親しんでいて
「英語コンプレックス」を持つ人は多くないでしょうから、
私たちより上の世代みたいに、「英語がわからないから」という理由で
洋楽を聴かないって人は少ないでしょうに、なぜに洋楽離れ?と不思議でした。

J-POPで満足できているからなのでしょうけれど。
(母国語の方が親しみやすいですしね)

あと、カラオケで上手に歌える歌の方がいいというのもあるのかな。

音楽の楽しみ方はひとそれぞれですけれど
J-POPにはクオリティが低いのが多くて
(「アーティスト」って、フザケンナヨ!みたいな)
それで満足しとっちゃあかんよ!と、おばさんは思ってしまうのでした。

映画に関しても、「テレビドラマみたいじゃん(テレビで見ればいいじゃん)」っていうの、
けっこうありますよね。そんなのをロングラン上映するより、
洋画の公開時期を早くしてほしい!って思っちゃいます。

たかが音楽、されど音楽ですが、
エンターテイメントの分野で、日本が世界から取り残されつつある状況を
危惧しておりますです。


* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
RufusがSlyとやってくる!! 
2009.11.09.Mon / 09:57 
なにやらごたごたしていて、久しぶりの更新になってしまいました。

デイヴのライヴの時に、1月中旬にRufusが来ることを教えてもらったのですが
まさかSlyもご一緒だとは、びっくりです!!

詳しくはこちらで↓
http://www.bluenote.co.jp/jp/schedule/detail.php?id=345

去年のライヴレポです↓
http://chobisgarden.blog60.fc2.com/blog-entry-2291.html

自分のライヴレポ読んで、感動がよみがえってしまいました(汗)
今年、ブライアンにサインの上書きしてもらえてよかったです(笑)

去年、SlyがBNTに来た時、チャージが高くてびっくりしちゃったんですが
(15000円くらいだったかと?)今回は10500円とお安いですね。

行きたいのはやまやまなのですが、長男の受験前なので
今回は涙をのんで我慢します(>_<)

ぜったい盛り上がるでしょうから、再来年も来てくれることでしょう。



* テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽 *
Toby Keith "Cryin' for me (Wayman's Song) 
2009.11.05.Thu / 17:29 
Join the Kozからのお知らせで知ったのですが
カントリーシンガーのToby Keithが Wayman Tysdaleを偲んで
トリビュートビデオを作ったそうです。
(デイヴも参加しています)



http://www.cmt.com/videos/misc/450453/cryin-for-me-waymans-song.jhtml

ウェイマンはほんとうにたくさんの人に慕われていたのですね。

この歌を思い出しました(;_;)



* テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽 *
Jonathan Butler "Sarah, Sarah" 
2009.11.04.Wed / 16:02 
ビットキャッシュ(電子マネー)のモニターでもらった分で
moraにて、ジョナサンの歌を買いました。



ライヴの感動がふたたび(T_T)

こっちは"Lies"

http://www.youtube.com/watch?v=9uIeS9sk-D4&NR=1

"Lies"ってマイクを振られた皆さん、お上手でした^^
(ハテナ?な方が約1名いらしゃいましたが(爆))


ジョナサンがMCで、この前日本に来たのは'96年で
黒かった髪もこんなになっちゃって(スキンヘッドとも聞こえましたが)
とはにかみながら話すお姿が、cuteだなーと思ってしまいました。
(年上の男性に、cuteだなんて失礼かもしれませんが^^;)



吉岡正晴さんがレポをアップされてましたよん。

http://ameblo.jp/soulsearchin/entry-10379509561.html


* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
Sting "If on a Winter's Night" 
2009.11.03.Tue / 23:35 
早くご紹介せねば、と思いつつ、ライヴの余韻に呆けてまして(汗)

このところの急な寒さに、とても心暖まるアルバムです。

ウィンターズ・ナイト(限定盤)(DVD付)ウィンターズ・ナイト(限定盤)(DVD付)
(2009/10/21)
スティング

商品詳細を見る


グラモフォンから新作リリースと聞いた時に
スティングは、前作(Songs from the Labyrinth)から、クラシック路線になっちゃったのね、と思っていたのですが、
メイキングDVDを見て、クラシックとフォークとロックの融合という
今まで誰もやったことがない音楽に挑戦したことがわかりました。

アルバムコンセプトは、「クリスマスと聞くとイライラする人を癒すアルバム(笑)」みたいです。

Sting自体、イライラするそうで("Holy Night"なんて歌いたくない、とか)
なんとなく彼らしい気もしたりして^^;

イタリアのトスカーナの別荘でレコーディングされたみたいです。

ここはどこかな?と思いながらメイキングDVDを観ていたら、
こちらのDVDで観た仏像が出てきて、あれ?そうなのかな、と。

…オール・ディス・タイム [DVD]…オール・ディス・タイム [DVD]
(2007/06/13)
スティング

商品詳細を見る


イタリアはあったかくて雪が降らないイメージがあったのですが
イタリアに詳しいバイト先のお客さんに伺ったら、
「トスカーナでも降るところは降るよ。アペニン山脈のあたりとか」と教えていただきました。
(なので、ジャケット写真も、別荘の近くで撮られたのでしょうね)



ひげもじゃSting(笑)

StingとDavid Sylvianは、おなじようなところを目指してるのかな?とも思ったりしました。



* テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽 *
MJ "THIS IS IT"観ました! 
2009.11.02.Mon / 15:11 
上映が始まって、趣旨の説明が出てきただけで
(マイケルの姿も出てないのに)
涙が出てきて、我ながら阿呆だなあと思ってしまいました(汗)

予想どおり涙なしでは観れませんでしたが
ライヴ映画を観るように楽しんでいる自分がいました。

完璧なステージにするために
あんなに念入りにリハーサルをやってたんですね。
(久しぶりのコンサートだったというのもあるかもしれませんが)

演出・ステージセットやコンサートで流す予定だった映像が
すごく凝っていて(あの映像は、DVDを出すときに
完全版を特典映像としてぜひ付けてほしいですね)
コンサートが実現しなかったのは本当に残念です。

「スリラー」の3D映像撮影シーンなんてのもありましたが
コンサートでは3Dメガネを配るつもりだったのかな?

子どものころにマイケルに憧れてシンガーやダンサーを目指し
マイケルと同じステージに立てた人たちの姿も輝いていました。

(Alex AlとMorris Pleasureもバンドメンバーだったんですね。
ほかのメンバーは知らないのですが、一流どころでしょうね。
ギターの女の子のソロのところで、マイケルが
「君が輝くときだよ!ちゃんとそばについてるから」って
励ましていて、やさしいなーって思いました。
"Thank you"のかわりに"God bless you"ってよく言ってたし。)

マイケルの意思は永遠に受け継がれていくことでしょう。

2週間限定上映が延長になったそうでよかったですね。

一人でも多くの人に観てほしいです。


この前でたCDは、サウンドトラックじゃなくて
コンサートでやる予定だった曲を順番に収録したものだそうです。
(ベスト盤ともいえるでしょうけれど)

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)
(2009/10/28)
マイケル・ジャクソン

商品詳細を見る


DVDの発売が今から待ち遠しいです。
家で一緒に歌ったり拍手しながら観たいです(笑)



* テーマ:この映画がすごい!! - ジャンル:映画 *
Bob Marley "No woman no cry" 
2009.11.01.Sun / 11:40 
昨日のライヴで、ジョナサン・バトラーの歌に
すっかり心を奪われてしまいましたが
レゲエっぽくないアレンジだったので
オリジナルはどんなんだったのかなーと。



やはりレゲエでした。

No woman no cry

No woman no cry
No woman no cry
No woman no cry
No woman no cry

Say, say
Say I remember when we used to sit
In a government yard in Trenchtown
Observing the hypocrites
As they would mingle with the good people we meet
Good friends we have
Oh, good friends we lost
Along the way
In this great future
You can't forget your past
So dry your tears, I seh

No woman no cry
No woman no cry
Little darling, don't shed no tears
No woman no cry

Say, Say
Said I remember when we use to sit
In the government yard in Trenchtown
And then Georgie would make the fire lights
I seh, log would burnin' through the nights
Then we would cook cornmeal porridge
Of which I'll share with you
My feet is my only carriage
And so I've got to push on through
Oh, while I'm gone

Everything 's gonna be alright
Everything 's gonna be alright

No woman no cry

No woman no cry

I say little darlin'
Don't shed no tears
No woman no cry



ジョナサンのバージョン



Ultimate ButlerUltimate Butler
(2002/10/22)
Jonathan Butler

商品詳細を見る


またお会いしたいです~。

オフィシャルサイトです
http://www.jonathanbutler.com/

ジョナサン、南アフリカ出身だと聞いて、「アパルトヘイト」という言葉が
頭に浮かんでしまったのですが、Wikipediaで見たら、
それのせいで、いろいろご苦労されたみたいです。

だからあんなに懐が広くて優しい方なのかな。

デイヴも、「Smooth jazzなんてjazzじゃねー」と、
jazzファンにさげすまれながらも、信念を持ってがんばってきたそうなので
苦労人だからこそ、今ではあんな人格者なのでしょうね。



* テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽 *
Dave & Jonathan 2回め 
2009.11.01.Sun / 00:37 
木曜日に、千秋楽のことをスタッフに聞いたら、チケットはソールドアウト、
当日、立ち見が出るかもしれませんのでと言われ、
名前だけ残してきたのですが、今日の午後、電話してみたら
「アリーナ指定席に1席キャンセルがあります」と言われ、
自由席より1050円高いのですが、神の声!と思い、迷わず予約しました!

アリーナ指定席なんて、いつのまにかできていたのですね。

電話ではどのあたりかわからないと言われたのですが
現地で通された席は、ほぼセンター、木曜日の席の
5列(2テーブル)奥で、かなりラッキー☆

開演前にトイレに行ったら、通路の(ワインセラーの前の)立ち見席は
いっぱいになっていました。
立ち見でも、と思っていたのですが、アリーナに席が取れて、
ものすごくラッキーだったんだなーとあらためて思いました。

はてさて、ライヴは大盛り上がり!!
デイヴが困っちゃうようなお客さんもいちゃったりしたのですが(汗)
2ndアンコールもあって、大感激でした。

デイヴとジョナサンがぐるっと会場を演奏しながら回ったときに
デイヴが私の目の前で、ちょこっとだけ立ち止まってくれたので
うれしかったです^^
(ええと、これは偶然ではなく、僭越ですが、ステージから
ちゃんとマークしてくださってたんだと思います~。
なんていうか、熱心なファンには義理堅い人なんだろうなー)

「来年、また会いましょう!」って言ってたから
〆は、"Together again(また一緒に)"だったのかな。



ジョナサンの"No woman no cry"では、2回めで
1回めより歌詞がよく聞き取れたせいか
涙が出てしょうがなかったですー。



終演後、サイン会は長蛇の列・・・

サインはあきらめて、でもマイミクさんの順番がまわってきたときに
ちゃっかりごあいさつだけさせていただきました。
こちらから言わなくても、名前を呼んでくださって、
これまたうれしかったです(涙)

(ここでも、同じ名前の松居慶子さんに感謝)

また来年、ブルーノート東京で、みんなに再会できますように!!

* テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽 *
| BLOG TOP |

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /