ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
ジダン問題 
2006.07.12.Wed / 10:12 
FIFAが退場の経緯を調査する方針を明らかにしたそうですね。詳しくは、こちらに。

ジダンから頭突きを食らうきっかけとなったイタリアのマテラッティの発言が、「けがらわしいテロリスト」という人種差別的なものだった可能性があるからなんだそうですが・・・

その発言が、「テロ売春婦の息子」「くたばれ」というものだったという記事もあり。ヲイヲイ)

今回のワールドカップで、試合前に、「Say no to Racism」というシートが掲げられていたので、「Racism??」と思わず辞書を引いちゃったんですが、「人種差別に反対する」という意味なのですね。

FIFAは、

>今季から人種差別には勝ち点はく奪を含めた厳罰姿勢を示し、W杯でも差別反対の啓発活動に力を入れてきた

んだそうで、

>FIFA規約では宗教や出自を含む差別的な言動で中傷すれば最低5試合の出場停止処分を科される

んだそうです。(Yahoo!ニュースより抜粋)

マテラッティ、どうなっちゃうのかな? 彼の発言が、本当に差別的なものだったら、ジダンに謝罪するべきだと思うし、理由はどうあれ、暴力を振るったジダンもマテラッティに謝罪するべきでしょう。
子どものけんかの仲裁みたいなこと言ってますが(^_^;)

「イスラム教徒→テロリスト」っていう短絡的な思想は、このところ、友だちと話している、日本人の「アメリカ批判」とオーバーラップしてしまいます。イラク戦争も、日本の「アメリカナイズされた」状態も、「アメリカのせい」。彼らはどこまで「アメリカ」のことを知って、「アメリカ」批判をしてるのかな?って思ってしまいます。

それに批判するばかりじゃあ、何も変わらないと思うんだけどな。。。

ポーズをとるジダン

フランス首相官邸でサポーターに向かってポーズをとるジダン。
サポーターには暖かく迎えてもらえたようでよかったです。


スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

その国の政治に反対するのなら解るんですが、国民や個人までそれに
巻き込んで一緒にしちゃうのは本当におかしいですよね。日本人も何十年
経っても「憎まれ」続けてますが、一人一人の考え方にちゃんと耳を傾け
ればきっと誤解だと解るはずなのに、「日本人なんかみんな死んでしまえ」
みたいな感情はいくら正義を盾にしていても、その心自体が戦争の精神
そのものだという気がします。
スポーツはそんなのは無縁だと思いたかったですが、本当に残念ですね。
うちの「アメリカの食生活」トピでも、なんかあきれる事ばかりで、まさか
日本人がそんな差別意識の強い人種だとは知りませんでしたから、すごく
残念です。その国の政治が嫌いだからって、その国の人達の食べている
ものにまで批難するかー!みたいな(笑)

http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea1.html
↑こんな事、考えるの~?とビックリするけど、日本人も結構同じように
政治と国民といっしょにしちゃってるし、他国に対して偏見に満ちていて
いて、怖くなります・・・。戦争って、一人一人の心の中から発生するんだ
なぁと・・・

- from morito -

--moritoさんへ--

>戦争って、一人一人の心の中から発生するんだなぁと・・・

ほんとにそう思います。
一人一人が、もうちょっと、「思いやりの心」を持つことができたら、
世界はもっとよくなるんじゃないのかなぁと。

って、書きながら、「偽善者め!」っていうコメントが来るんじゃないかと
ビクビクしています。

- from chobi -

--強さ--

誰でも侵されたくない領域があって、そこを突つかれたら暴力という行為となって現れてしまうのかな、と漠然と思いました。

勝ち負けが絶対的な価値を持つスポーツの世界。ある種特殊な状況において、何事が起こっても常に冷静で、自分のなすべき事に没頭していられる精神的な強さもやはり必要なのだとも感じました。

個人的には今回のケース、喧嘩両成敗だと思います。言葉、肉体。どちらも暴力での表現は極力避けたいもの。難しいけれどそんな感情が湧き上がってきたときには、一旦冷静に考えれる強さを、私たちは学ばなければいけないのかもしれませんね。

’一人一人の思いやりの心’
同感よ!!

明日は我が身。ひとごとではないのかも・・・日常で起こるささやかないざこざ、感情のしこり。それらを呑み込める強さを一人一人が持つことの重要さを、最後の最後にスーパースターは身を持って教えてくれたのかもしれませんね。

- from countryqueer -

--countryqueerさんへ--

>喧嘩両成敗

なるほどです~。

あれから思ったのですが、「パンチ」や「ケリ」ではなく「頭突き」だったこと・・・
ジダンのギリギリの冷静さから出た「暴力」だったのかな、と。

今回の事件が、世界中のみんなが「暴力」について考えるきっかけになればいいですよね。

ジダンは、TV番組で、「多くの子供たちが見ていた。すべきことではなかった」と
謝罪したそうですが、今すぐには無理でも、マテラッティと和解してほしいなぁと
思います。

- from chobi -

--ジダン選手の「頭突き」問題を悪用--W杯ファンを狙うトロイの木馬が出現--

なんて記事がありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060718-00000004-cnet-sci

そんな偽サイトを作ってる暇があったら、ほかのことやれよ!って感じだよねえ。

- from chobi -

--けんか両成敗に--

>同日、スイス・チューリヒにある国際サッカー連盟(FIFA)本部で開かれた規律委員会で、ジダンからの聴取後、処分が発表された。ワールドカップ(W杯)ドイツ大会決勝で頭突きによって退場処分を受けたフランスのジダンは、暴力行為を重視し、罰金に加え、現役を引退したため3日間の社会奉仕活動、イタリアのマテラッツィには、侮辱発言があったとして2試合の出場停止処分と罰金を科した。
一部で憶測が流れた人種差別に関する発言はなかったと判断した。
(Yahoo!ニュースより)

ジダンのMVP剥奪もなかったそうです^^

- from chobi -

--W杯決勝の主審が語る「事実」--

アルゼンチンのオラシオ・エリソンド氏インタビューが、yahoo!スポーツに出ていました。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/wcup/06germany/column/200608/at00010086.html

高い精神性を持った人じゃないと、あんな大舞台で笛は吹けないだろうなぁと
再認識しました。
趣味は作詩だそうですよ。

- from chobi -

   非公開コメント  

日本人は人種差別などとは無縁の国民だとずっと信じて来た。しかしここ(click!)やここ(click!)で書いたように、「偏見ではなく事実」と主張するような差別的な偏見に満ちた考えに度々遭遇して、とても残念に思う。当然、そうい
2006.07.15.Sat .No18 / 鳥獣遊画 / PAGE TOP△

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /