ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
「ランドセルは海を越えて」 
2013.04.11.Thu / 21:56 
何度か話題にしている、アフガニスタンの子どもたちに
使い終わったランドセルを使ってもらおうというプロジェクトですが

詳しくはこちらで

http://www.joicfp.or.jp/jp/donation/things_to_donate/omoide_ransel/

今年度の(春の)受付は4月15日まで(必着)だそうです。
もう日がないじゃないですか(>_<)

クラレのサイトをよくよく見たら、春と秋の2回に分けているのですね。
よかった・・・

http://www.omoide-randoseru.com/home.html

そして、今日、バイト先のお客さんに、「本ができたからあげる」って
できたてほやほやの本をいただいてしまいました^^

537078_532544540131475_1895033959_n.jpg

ブックデザインをされていらっしゃるのです。

内堀さんの写真もすばらしいですが、飾り気のない文章がまたよくて(T_T)

アフガニスタンでは、子どもも重要な働き手で、
学校に行けるようになる年齢は家庭の事情で決まってくるのですが
同じ村にランドセルを背負っている子どもがいることで
うちの子も早く行かせてあげたいと思うようになるようです。

読み書きができるようになることで、将来就ける仕事も増え、
家族が幸せになり、地域も幸せになり、
ゆくゆくは世界平和にもつながっていくのでしょう。

「捨てるのはもったいないから、使ってもらえるなら」と思って贈ったランドセルでしたが
うれしそうな子どもたちの笑顔を見ることができて、本当にうれしかったです。

この運動がもっともっと広がりますように。


ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)ランドセルは海を越えて (シリーズ・自然 いのち ひと)
(2013/04/09)
内堀 タケシ

商品詳細を見る


<追記>
帯が平原綾香さんですが、よくよく見たら、
「ひらはらあやか」と名前の入ったランドセルの写真が中にありました。

表紙の女の子が背負っているピンクのランドセルです。

女の子のランドセルなのに、ずいぶんボロボロで
元気のいい子(帰宅したら、バーンとランドセルを放り投げるような)だったんだろうなーと、
ほほえましく見ていました^^

スポンサーサイト
* テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
「ランドセルは海を越えて」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /