ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
「風立ちぬ」 
2013.08.02.Fri / 14:33 
ポイントで観に行って来ました^^;

いまいち乗り気じゃなかったのは、

・このところ、ジブリ作品に食指が伸びないこと
(最後に映画館に足を運んだのは「ポニョ」かな)

・主人公のアテレコが、庵野さん(ど素人)なこと

・ユーミンの「ひこうき雲」に思い入れがありすぎること

などでした。


やっぱり観に行こうと思ったのは、
宮崎監督の戦闘機への思い入れはハンパないそうで
自分も飛行機は好きなので、純粋に観てみたいと思ったからです。

そういえば、「アビエイター」も、飛行機につられて観に行ったなぁ。


アビエイター(Blu-ray Disc)アビエイター(Blu-ray Disc)
(2012/12/21)
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット 他

商品詳細を見る


「終戦のエンペラー」の客入れが先で、やっぱシニア率が高いなぁと思ったら
「風立ちぬ」の方もシニア率が高かったです^^;

そしてそして

庵野さんの第一声に、「うひゃ!」と思ったものの
だんだんなじんできて
設計命のエンジニアですから、これくらいの朴訥さでちょうどいいのかなーと。

同僚の設計技師は、西島秀俊さんだったのか。
どーりで上手いと思ったわ^^;

http://kazetachinu.jp/character.html

他の方たちもよかったですよ。
てか、誰がやってるか気付かなかったり。

庵野さんも、庵野さんだと知らなかったら
また別の観方ができたのかもしれないなあ。残念!!


で、ストーリーですが

涙涙涙

で。

なんといっても、空の描き方が美しすぎるのですよー。

「ジブリの青空の色」は健在だし。

戦闘中の空の色まで美しかった。


宮崎監督が、試写会で、「自分の作品を観て初めて泣いた」って言ってましたけど

おそらく中高年の琴線に触れるものがあるんじゃないかなーと。

隣に座ってたおばちゃんたちも泣いてたもん。


そういえば、SE(効果音)が人の声だというのを聞いていたのにも関わらず
まったく気づきませんでした^^;

地震がやってくる時は、人の声だと思ったのですが
プロペラ音も人の声だということを思い出さなかったです。


そして、エンディングのユーミンの「ひこうき雲」

この作品のために作った歌なのかと錯覚してしまうくらい
ぴったりはまっていました。


空に あこがれて
空を かけてゆく
あの子の 命は ひこうき雲


スポンサーサイト
* テーマ:スタジオジブリ作品 - ジャンル:映画 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
「風立ちぬ」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /