ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
「どうする?親の家の片づけ」 
2014.07.07.Mon / 19:17 
今日の「あさイチ」のテーマは、身につまされるようなものでした(>_<)

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2014/07/07/01.html

もともと片づけが苦手な母だからそうなのかと思っていたら
片づけは得意だったのに、帰省するたびに、ものがだんだんたまって行っている、という
お宅が多いようで、番組に届いたファックスやメールも
「うちのことだけかと思っていた」という感じで
ゲストの城之内早苗さんも、悩まれているというのには
びっくりしました。

私の母は、父の急逝後、しばらく伯母(母の姉)のところにいて
今は施設にいますが、父が元気な頃は、帰省するたびに
ものがあふれていること(新しいものを買っても古いものを捨てられないこと)
にイライラしていました。

番組でも出て来た「納豆のたれ」のように、お刺身に付いてきたわさびやショウガ
ところてんのふりかけも捨てられなかったかなー。

やはり、番組に出てきた方のように
「ふんだんに物のある時代に育っていないからもったいなく感じる」という想いがあるのでしょう。

「これでもがんばって捨てている」と言われたら言い返せないし
勝手に捨てると、後からグチグチ言われるし、
「こっちは片づけてあげてるんですけど!」って思うと
正直、腹も立ちましたが、これも一種の心の病なんじゃないかと
思えるようになったら、ちょっと気が楽になりましたが。

「ゴミ屋敷」の主は、「寂しさ」からそうなっちゃうって聞いたことがありますし。

そう、こまめに帰省することができるのなら、「ものが増える」こともあまり気にならないのかもしれません。

盆暮れ正月とかにしか帰省できないと、半年も間が空けば
「ちょっと帰らなかった間にすごく増えた」って思っちゃっても仕方がないのかも・・・

母の場合、買い物で心の隙間を埋めている時期も確かにありましたし。

今は施設に入っているので、ものが増えることは無いのですが
一人暮らしの伯母の家が心配で(>_<)

あと遺品整理もあったりするのですよ。
(父の衣類は整理しましたが、趣味のコレクションが手つかずで^^;
陶器がすごくたくさんあるんです。作家ものとか、少なくとも母の存命中は
勝手に売れないですし・・・)

まぁぼちぼち考えるしかないですよね。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
「どうする?親の家の片づけ」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /