ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
石井好子「巴里の空の下 オムレツのにおいは流れる」 
2014.11.06.Thu / 18:05 
火曜日は名古屋に日帰り帰省していたのですが
今回の旅のお供はこちらの本でした。

10388570_845555118830414_6416669280920380850_n.jpg

私のは、30年くらい前に買った、50年くらい前に書かれたエッセイです。(ちなみに33刷)

ひさしぶりに「暮らしの手帖」を買ったら、出版案内のところに載っていて
なつかしく思い出したのです。


巴里の空の下オムレツのにおいは流れる巴里の空の下オムレツのにおいは流れる
(1963/03/12)
石井 好子

商品詳細を見る


カバーと表紙が一体化しているような体裁で
(カバーがかかっていると思って外そうと思うと、外れない作りになっているのです^^;)
かわりに透明のセロファンがかかっているのですが、経年変化でボロボロになりつつありました(>_<))

文庫化もされているのですね。


巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)
(2011/07/05)
石井 好子

商品詳細を見る


でもやっぱり、花森安治先生の表紙が無くっちゃねーって思います。

内容も、久しぶりに読んだら、へええって思うことが満載で、
出版当時にこの本を読んだ人達は、
文字だけから、見たこともない遠い外国の料理に想像を膨らませたんだろうなあ…

というか、文字だけで、読者に想像力を掻きたてさせるところがすごいなーと思ったりします。

1つ前の記事で、30年くらい前に初めてカマンベールチーズを食べた話を書きましたが

こちらの本では、ワインが「ブドー酒」という表記で出て来ます。

「辛口の白ブドー酒」は、日本ではまだ入手困難だったので
「辛口の日本酒」で代用するしかなかったみたい。

赤ブドー酒といえば、「赤玉ポートワイン」だった時代ですかね~。

キャンティは、わりと入って来てたけど、
こんな感じの時代じゃないですかね^^;



なつかしくて涙が出そう~(T_T)

石井さんは「しゃぶしゃぶ」についても書かれていたのですが
しゃぶしゃぶは関西の食べ物で、「最近東京にも入って来ているが」ってくだりに
かなりびっくりしてしまいました^^;

豚しゃぶが広まったのは、ここ10年くらいのことかと思いますが
(養豚の技術が昔よりクリーンになったからだと思います。
昔は、豚肉はよーく火を通さないとだめ!って口を酸っぱくして言われましたもんね^^;)
しゃぶしゃぶが関東に広まったのは、たかだか50年くらい前なんだ~。
しかも最初は高級店でしか食べれなかったわけでしょ??

自分は、お正月といえば、おじいちゃんちに親戚が集まって、
しゃぶしゃぶだった覚えしかないのですが
(記憶が無い頃は何を食べててか走りませんが、
鍋はやってただろうと推察されます^^;)
同世代の人たちで集まった時に、しゃぶしゃぶを初めて食べたのはいつ?って
聞いてみたいと思います(笑)

あと、コルドン・ブルー(パリの権威あるお料理学校)のお話もおもしろかったです。

当時はフツーに使われていた差別的用語が、ポンっと出てきたりして
ドキッとすることもありますが、
若い方が読んでもおもしろいんじゃないかなーと思います^^

もちろん、「食いしんぼう」であることが絶対条件ですけどね^^
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  
石井好子「巴里の空の下 オムレツのにおいは流れる」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

chobi

Author:chobi
大学生の男子2人の母。

ブログのタイトルは、大好きなGeorge Michaelの歌から拝借しています。

個人的に用件のある方は、「コメント」欄に、「非公開コメント」としてお寄せくださいませ。(そのほうが確実に受け取れますので。)または同じHNでmixiもやってますので、そちらからコンタクトくださってもうれしいです。

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

オススメサイト

フェリシモ「コレクション」(頒布会)

フェリシモ「コレクション」

MoMAstore

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)



ワンクリックであなたの代わりに企業が募金

CopyRight 2006 Round Here All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /